サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/19(水) 16:27:07.82 ID:Cmdb3Caj9
    2020年東京五輪を1年後に控えるU-22日本代表世代にとって、2019年コパアメリカ(ブラジル)は重要な試金石だ。

    15年、16年大会連覇中の南米王者・チリとの初戦(現地時間17日・サンパウロ)に向け、
    森保一監督は「最低でも勝ち点1を拾っていけるような粘り強い戦いをしたい」と語っていたが、そのハードルはあまりにも高かった。

    U-22世代が立ち上げからベースにしてきた3-4-2-1の布陣ではなく、チリの3トップを想定して4-2-3-1システムで挑んだ日本。
    序盤こそ互角の内容に持ち込めたが、徐々に相手に試合を支配されるようになる。
    前半終了間際のCKからの1失点目が大きなダメージになり、後半9分の2失点目でほぼ勝負が決まってしまった。

    「相手の方がうまくサッカーをやっていたし、地力の差だったと思います。
    (1失点目の)セットプレーさえなかったら、チリも精神的にもうちょっと焦って、ああいうふうにはならなかったと思う。

    でもこっちは決めるところを決め切れなくて、やられるところでやられた。そこに差があったかな」と
    日本代表117試合出場を誇る岡崎慎司も神妙な面持ちで語ったが、0-4の惨敗は日本代表の「南米での弱さ」を如実に表したと言ってもいいだろう。

    2018年ロシアワールドカップで16強入りしてから1年。森保ジャパンにとってチリ戦は17試合目だったが、
    本格的なアウェー感を味わった経験は2月1日の2019年アジアカップ(UAE)決勝・カタール戦(アブダビ)だけ。
    大半はホームアドバンテージの中で戦う親善試合だった。

    「キリンチャレンジカップを国内で開いてもらえるのは有難いけど、6月のトリニダード・トバゴやエルサルバドルのような格下相手と
    日本で戦っていてもチームは強くならない。もっとレベルの高い試合をしたい」と、あるA代表の主力選手も話していたが、
    そのマイナス面がいきなりコパアメリカという難易度の高い大会で出てしまったと言わざるを得ない。

    6月の親善試合2連戦に帯同していた19歳の守護神・大迫敬介も「自分がやっているJリーグやキリンチャレンジのレベルと
    今回のコパのレベルの違いを物凄く感じます。今、すごく刺激を受けていますし、このままじゃダメだなと感じました」と発言。

    A代表経験の少ない若手には、本物のアウェー戦の衝撃はやはり大きかったのだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190619-00000056-sasahi-socc&p=1
    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/19(水) 20:21:46.51 ID:Rn/ZCC859
     ボローニャのテクニカル部門コーディネーターに任命されたワルテル・サバティーニが、6月18日に就任会見に臨んだ。64歳のベテランディレクターは、新たな挑戦に意気込んでいる。

     その意気込みから先走ったのか、サバティーニは来季に向けた新戦力の獲得を“予告”してしまったようだ。先日から移籍が報じられているシント=トロイデンの日本代表DF冨安健洋のことである。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』などが報じた。

     ボローニャに在籍するチリ代表MFエリク・プルガルについて聞かれると、サバティーニはコパ・アメリカ初戦でプルガルがヘディングでゴールしたことに触れた。そしてその際、「(プルガルを)マークしていたのは我々の日本人選手かい?」と口にしたのだ。

     もちろん、冨安のボローニャ移籍は正式に発表された確定事項ではない。実際、プルガルの得点時にマークについていたのは中山雄太だった。にもかかわらず、サバティーニが「我々の」と漏らしたことで、会見場の記者は騒然となった。

     「これは獲得発表か?」と問われると、サバティーニは苦笑しながら、控えていたスポーツディレクターのリッカルド・ビゴンに「まだ発表できないんだっけ?」と呼びかけた。Gazzetta dello Sport紙は、ビゴンSDは笑顔で「落ち着いて」とのジェスチャーをしたと伝えている。

     サバティーニは最後に「具体的な可能性と言っておこう」と濁したが、テクニカル部門を束ねることになった新幹部の発言を受け、同紙は「最初の補強を暴露」と報じた。19日付の同紙は、600万ユーロ(約7億8000万円)でボローニャは冨安を獲得できるようだと報じている。

     日本代表の一員としてブラジルで開催中のコパ・アメリカに参戦中の冨安。注目される新天地がセリエAであれば、2018年冬に長友佑都がインテルを去って以来の日本人選手となる。守備の国イタリアに、新たな日本人DFが誕生するのだろうか。
    20190618-00010003-sdigestw-000-view

    6/19(水) 19:08配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190619-00060317-sdigestw-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/20(木) 06:00:37.64 ID:RfacXjuP9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00060337-sdigestw-socc

     女子ワールドカップは6月20日、グループリーグ第3戦が行なわれ、なでしこジャパンこと日本女子代表はイングランド女子代表と対戦した。

     ここまで2勝で首位のイングランドに対し、日本は1勝1分けの2位。首位通過を懸けた一戦となった。

     試合は立ち上がり、イングランドの前線からの圧力に対し、日本も前線の岩渕真奈、横山久美らにボールを集め素早い展開で対抗する。しかし14分、自陣でボールを奪われた日本は、イングランドFWのホワイトに最終ラインの裏に抜け出され、ゴールネットを揺らされてしまう。

     1点をリードされた後、日本はリズムの悪い時間帯が続いたが、前半も終盤に差し掛かると、徐々にイングランドを押し込み始める。しかし、前半は横山のクロスバー直撃のFKなどもあったが、得点を奪えず、1点ビハインドで折り返した。

     迎えた後半も立ち上がりこそ押し込まれた日本だが、三浦成美と菅澤優衣香の同時投入を機に反撃を開始。再三に渡り決定的な場面を作り出すが、決め手を欠き得点には至らない。すると84分、再びディフェンスラインの裏に抜け出したホワイトに一瞬の隙を突かれて追加点を許してしまう。イングランドが2対0とリードを広げる。

     結局、最後までゴールを狙った日本だが、ネットを揺らせず、0対2で敗戦。なでしこジャパンはグループ2位通過となった。

     決勝トーナメント1回戦では、グループEの1位との対戦。オランダもしくはカナダとの対戦となる。
    20190620-00060337-sdigestw-000-view


    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    3: 名無しのサッカー小僧 2019/06/19(水) 14:41:03.85 ID:noi2Y2we0
    995 U-名無しさん (ワッチョイWW e644-TIPh [153.183.8.64])[] 2019/06/19(水) 14:33:38.93 ID:la77vKKb0

    後輩に厳しく自分に甘いw
    no title

    関連まとめ
    川崎フロンターレMF守田英正が道交法違反で検挙される 免許失効で運転していたことが発覚

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/19(水) 09:12:55.54 ID:Hz6s5vmw9
     南米選手権1次リーグC組(18日、日本0-4チリ、サンパウロ)国際連盟(FIFA)ランキング28位の日本は、同16位でチリとの初戦に0-4で敗れた。前半終盤にCKからチリに先制を許し、後半にも3失点と突き放された。日本はA代表初先発したMF久保建英(18)=レアル・マドリード=が惜しいシュートを放つなど、決定機もあったが1点が遠く、大会2連覇中の強豪に4点差で完敗した。

     20年ぶりに招待参加した南米選手権は黒星スタート。元サッカー選手でスポーツキャスター、水内猛氏(46)は試合後、ツイッターを更新。「結果だけ見れば大敗…」としつつも「良い時間帯もあったし、決定機で決めていれば…その差が実力の差って事ですが…若い日本代表がこの大会を通じて成長すると感じられた試合でもあった!」と前向きな要素も強調した。

     タレント、ジョン・カビラ(60)は試合が始まると「コパに挑む日本代表侍ブルー。チリ戦の入り方素晴らしい。中島&久保両選手躍動顕著。 さあ、先制だ!」とツイート。その後も“実況”を続けたが、チリに敗戦し「日本0-4完敗。選手&スタッフの皆さんお疲れ様です。次戦に向け、どう立て直すのか?」と締めた。

     俳優、川平慈英(56)も試合中に“実況”し、終了後は「いわずもがな、決定機に決められないと世界には喰われる。久しぶりにダメダメな日本代表の好例観てしまった」と苦言。「法政大 FW上田、ふんばだっ!Next!!」と、1トップで先発したFW上田綺世(20)=法大=にエールを送った。
    9385

    2019年6月18日 13時21分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16637551/

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/19(水) 09:22:14.55 ID:Hz6s5vmw9
    リーズ・ユナイテッドからのレンタルでグロイター・フュルトに所属するMF井手口陽介に対して、古巣のガンバ大阪が獲得に動いているとの報道に、現地のファンがSNSで反応している。イギリス『Football League World』が伝えた。

    2018年1月にG大阪から4年半契約でイングランド2部のリーズに渡った井手口だが、すぐさま半年の期限付きで当時スペイン2部のクルトゥラル・レオネサに送り出されると、2018-19シーズンはドイツ2部のフュルトにレンタル移籍。レオネサでは5試合の出場に終わり、フュルトでは右ひざ十字じん帯など重傷を負い、7試合の出場にとどまった。

    フュルトは来季に向けた獲得に動くも、リーズはマルセロ・ビエルザ監督の構想に含まれていない同選手に対して一定の移籍金での売却を求めていることで交渉は難航。そんななか、G大阪が井手口の再獲得に向けて、本格的に動き出したとの報道が浮上し、『ヨークシャー・イーブニング・ポスト』など現地メディアでも古巣への復帰が濃厚との見方が伝えられている。

    しかし、リーズ周囲からは井手口の扱いに頭を傾げる声も上がっているようだ。「多くのリーズファンは22歳の彼の扱いにがっかりしている」と伝える『Football League World』は、「彼には同情するべき。僕たち(リーズ)が彼のキャリアを停滞させた」、「クラブは彼のことを完全に見捨てた」、「残念。チャンスすら与えられなかった」など報道に対するツイッター上の反応を紹介した。

    また、ツイートのなかには「ヴイクトール・オルタがまたも失敗した」とフットボール・ディレクターの補強政策に疑問符を投げかけつつ、「彼(井手口)に本当に同情する。文化の違いによるチャレンジが十分に大きかったはずなのに、負傷と能力の不足が彼の欧州での日々を悪夢にさせた」などと指摘するファンも。「ずっとチャンスが与えられ、うまくやってくれることを願っていた。でもマルセロ・ビエルサが関心を持たないのなら、放出して資金を利用可能にするべき。でも彼(井手口)が自身のフットボールを取り戻せることを祈る」と売却の必要性を指摘する意見も寄せられた

    6/19(水) 8:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00010008-goal-socc

    no title

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/19(水) 11:06:12.77 ID:4VIHlxN90
    久保の場合もそうで、バルサ側が提示した条件に応じず、
    交渉は難航を極めた。

    「年俸100万ユーロ(約1億3000万円)と入団2年目のトップチーム昇格を要求してきた」

    スポーツ部門の関係者はその内情をこう明かす。
    しかしバルサは年俸を25万ユーロ(約3250万円)に上限を定め、
    トップチームの座も入団時から確約できないと、いずれの要求も突っぱねた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190617-00060207-sdigestw-socc

    20190617-00060207-sdigestw-000-view

    大丈夫なんか?🤔

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ