サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/09(金) 19:02:17.24 ID:C6sCRmDK9
     
    no title


    今夏、FC東京からレアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英は、プレシーズンマッチでトップチームに帯同していたなか、元ブラジル代表FWロナウド氏がオーナーを務めるスペイン1部バジャドリードへの期限付き移籍が浮上している。バジャドリードのセルヒオ・ゴンサレス監督は久保について「私は何も知らない」と公言した。スペイン紙「AS」が伝えている。

     久保は北米ツアーとアウディカップでトップチームに帯同し、5試合中4試合で途中出場。ジネディーヌ・ジダン監督にアピールしていたが、7日にはカスティージャ(Bチーム)に合流し、2部アルコルコン戦で7番を背負ってスタメン出場していた。

     今季はカスティージャが主戦場になると思われていた久保だが、一転してバジャドリードへの期限付き移籍が浮上。スペイン紙「マルカ」は同国スポーツ専門チャンネル「El Chiringuito」の情報を基に「久保はバジャドリードへ移籍する」と言及し、「レアルは提案を承認した」と伝えていた。

     ロナウド氏がオーナーを務めるバジャドリードが新天地候補に挙がるなか、バジャドリードのゴンサレス監督は久保について問われると「その話題について私は何も知らないし、私自身が知るまで何もコメントしない」と明かしている。

     バジャドリードは8日のプレシーズンマッチでスペイン2部スポルティング・ヒホンに2-0と勝利。試合後、18歳の日本人アタッカーについて聞かれたゴンサレス監督は「(久保について)報道されていることは知っているが、それが公式になるか、本当の情報となるまで、私は何もコメントしない」と語ったという。

     バジャドリードは昨季1部で苦戦しながらも16位で残留を果たした。久保は新天地へ移籍し、バリャドリードの一員としてプレーすることになるのか。その動向に注目が集まっている。

    8/9(金) 18:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00209631-soccermzw-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/09(金) 21:51:42.93 ID:vMHsvKxL9
    スペイン2部のレアル・サラゴサは日本代表MF香川真司をドルトムントから獲得したことを発表した。2年契約を締結している。

    クラブは香川の加入について「これまで得ている多くの経験がチームにもたらされることになる」と説明。来週会見を行う予定としている。

    香川は2010年夏にセレッソ大阪からドルトムントに加入。2012年夏にマンチェスター・Uへとステップアップを果たした。その後、出場機会の減少などもあり、2014年夏にドルトムント復帰。

    2018-19シーズンは構想外となったこともあり、2019年1月からはトルコのベシクタシュへとレンタル移籍した。

    新シーズンはドルトムントで構想外となっており、新天地を探していたが、かねてから香川がプレーしたいと話していたスペインへの移籍が実現することとなった。

    8/9(金) 21:36配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00966575-soccerk-socc

    写真
    no title

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/09(金) 19:25:56.52 ID:vMHsvKxL9
    一時はスペイン1部セルタ入りが噂されるも正式発表されず
     
    ドルトムントの日本代表MF香川真司は、新天地探しが難航している。
    一時はスペイン1部セルタとのクラブ間合意も報じられたが、いまだ正式発表されていない。
    そんななか、2部のレアル・サラゴサが候補に急浮上し、契約に迫っているという。スペイン紙「マルカ」などが報じた。

    香川はドルトムント通算7年目の2018-19シーズン、ルシアン・ファブレ監督の構想外となり、ベンチ外が続く苦しい日々を過ごした。
    冬の移籍市場でトルコ1部ベジクタシュへの期限付き移籍を決断。デビュー戦で2ゴールを挙げる活躍を見せたが、レギュラー奪取とはならず、リーグ戦14試合4得点でシーズンを終えた。

    保有権がドルトムントに戻ったが、香川はプレシーズンツアーやキャンプには帯同せず、移籍先を模索してきた。
    ベジクタシュへの完全移籍や、自身が希望するスペインリーグに所属するセルタとの契約も噂されたが、正式発表には至らず、ミヒャエル・ツォルクSDはドイツ誌「キッカー」で香川を「特別なケース」と呼び、
    「みんなにとって良い形で解決できることを願っている」と語っていた。

    そんななか、スペイン紙「マルカ」などによれば、スペイン2部のサラゴサが候補に急浮上し、契約が迫っているという。
    昨季2部で15位と低迷したサラゴサだが、香川が最初に海外へ渡った際に争奪戦に名乗りを上げたクラブの一つともされ、長い月日を経て再び獲得の可能性が出てきたようだ。

    また、スペイン紙「AS」は数時間以内に契約が発表されるとも報じている。
    果たして、香川は念願のスペイン移籍が実現するのだろうか。

    8/9(金) 19:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00209641-soccermzw-socc

     
    no title

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/09(金) 17:14:48.51 ID:6qUs2Zga0
    https://www.fnn.jp/posts/00422175CX/201908091629

    中学生女子サッカーチームのコーチが、合宿先の脱衣所に盗撮目的でカメラを設置したとして逮捕された。

    逮捕されたのは、NPO法人スポーツカントリーアンビスタ代表理事で、女子サッカー指導者の石尾潤容疑者(29)。

    石尾容疑者は、8日午後6時ごろ、自身がコーチを務める中学生女子サッカーチームの合宿先である栃木・那須塩原市の旅館で、盗撮目的で浴場の脱衣所の壁に小型カメラを設置した疑いが持たれている。

    カメラを発見した生徒たちが石尾容疑者を問い詰めると、容疑を認め、警察に出頭したという。

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/09(金) 06:16:15.20 ID:vMHsvKxL9
    ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦1stレグの試合が現地時間8日に行われ、浅野拓磨が所属するセルビア1部パルチザン・ベオグラードはトルコ1部マラティアスポルと対戦。ホームのパルチザンが3-1で勝利を収めた。後半開始から出場した浅野は1得点を挙げる活躍を見せた。

     開始4分で先制したパルチザン・ベオグラードはその後も試合を優位に進めるも追加点が奪えない。しかし迎えた67分、後半開始から途中出場した浅野が味方選手のスルーパスをDFラインの裏で受けるとGKと1対1の状況を確実に決め追加点を挙げる。

     その後83分にマラティアスポルに得点を許したパルチザン・ベオグラードだが、終了間際の90分に浅野の折り返したボールがDFに当たり主審はPKの判定を下す。これをスマーが落ち着て決め試合を決めた。

     今月1日にパルチザン・ベオグラードに移籍を果たした浅野は新天地で初めての公式戦で見事に結果を残した。なお2ndレグはマラティアスポルのホームで15日に行われる。

    8/9(金) 6:06 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00333749-footballc-socc

     
    no title

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/09(金) 08:48:22.73 ID:C6sCRmDK9
    前回コラムで「今夏に欧州チャレンジを果たした若手Jリーガー」に触れたが、今回はJリーグの日程問題についてアレコレ考えてみたい。

     秋田商高から三菱サッカー部に入り、1974年開催の日本リーグでデビューを果たした。当時は春に開幕―秋に閉幕する<春―秋制>だった。

     Jリーグの日程も同じだが、そもそも欧州各国リーグのスタンダードは8、9月に開幕して翌春閉幕の<秋―春制>だ。

     今夏、FC東京MF久保のレアル・マドリード入り、鹿島MF安部のバルセロナ入りに触発されるようにトータルで10人を超えるJリーガーが欧州へ旅立った。

     引き取り手の欧州クラブ、移籍を果たしたJリーガーともに来季リーグの準備期間中の移籍である。タイミングは問題ない。しかし所属元のJ各クラブにしてみたら迷惑千万な話である。春にシーズンが開幕し、チームの主軸として活躍していた選手を<シーズン半ばに奪われてしまう>ことになるからである。
    鹿島を例に挙げてみたい。MF安部に続いてDF安西、FW鈴木が7~8月に欧州移籍を決断した。相次ぐ主力の流出である。戦力大幅低下は明らか。そこで選手補強となるわけだが、他クラブの主軸選手が移籍マーケットに出回ることは少ないし、戦力ダウンの状況でリーグ後半戦に臨むことになる。これまで欧州からオファーが届いた選手に対して、Jクラブ上層部は「今の時期に抜けられては困る」という“もっともな理由”で拒否した例は、それこそゴマンとあるはずである。

     日本で秋―春制を導入した場合、どうしても東北、北海道、日本海側の「冬季の積雪量」という問題が出てくる。寒さという面では、冬の欧州も凍てつくような状況でプレーしていることが少なくないが、日本のように積雪に悩まされることは多くない。秋田と青森で高校サッカー部の監督をやらせていただいたことがあるが、積雪量は本当に大きな悩みだった。

    しかしながら、このまま現行の「春―秋制」でいいのか?

     ここ数年来の夏場の酷暑を思うと、7月、8月は好パフォーマンスは期待できず、低調な試合によってJリーグ離れを招く恐れはないか? 欧州の「秋―春制」にすべきでは! 寝苦しい夜にツラツラ考えてみた。サッカー界全体で考えたい――。

    日刊ゲンダイ:19/08/09 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/260013

    写真no title

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/08(木) 23:58:14.94 ID:Bxq1WbBY9
    8/8(木) 23:56配信 SOCCER KING


    インテルは8日、マンチェスター・Uからベルギー代表FWロメル・ルカクを完全移籍で獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

     イギリスメディア『BBC』によると、両クラブはボーナス込みの移籍金7400万ポンド(約95億円)でクラブ間合意に至った模様。また、契約にはインテルがルカク売却時にマンチェスター・Uが移籍金の数パーセントを受け取るボーナスが含まれているようだ。

     2017年夏にエヴァートンから7500万ポンド(当時レートで約1億500万円)の移籍金で加入したルカク。同クラブでは公式戦96試合の出場で42得点13アシストを記録したものの、ビッグマッチでの得点力不足が指摘されるなど、低迷するチームとともに批判の対象になることも少なくなかった。心機一転、挑戦が夢だと語っていたセリエAでは、インテルを復権へと導く活躍に期待が集まる。
    20190429_Romelu-Lukaku


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00965832-soccerk-socc

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ