ご挨拶
当ブログの管理人です。

実験企画として、いくつか試合の分析記事を執筆してみたいと思います。
ただ、あんまり評判が良くなかったらあっさりやめるかもです。

執筆にあたって、出来るだけ具体的にといいますか、「なぜそうなったか?」を管理人の力量の範囲で書いていきたいと思っています。

あくまで管理人の主観と「知ったかぶりしたい人のため」なので、間違っていたりガチ勢の方には物足りなかったりするかと思いますが、コメント欄でご意見を頂けると嬉しいです。

あと早くも言い訳ですが、この試合は眠い中見たので記憶が結構曖昧です。すみません。
「じゃあ記事にするな!」と言われそうですが、単純に注目度が高かったのと代表の試合を久々に見ましたので…。何卒ご容赦下さい。

前半

日本は攻撃時4-2-3-1(4-4-2)、韓国は守備時5-3-2でスタート。普通攻撃と守備で若干フォーメーションは変わりますが、前半はほぼ日本がボールを保持していたのでこの前提で。

myboard

韓国が中三日のためかプレス開始ラインが低かったこともあって、最初からボールを保持する姿勢を見せる日本。ビルドアップは最終ラインの4人+ボランチ1人で行われていました。ボランチが2トップの間にポジショニングし2トップを引き付け、CBあたりでボールを動かしそこで縦に入れられるなら縦、あるいはSBに渡してみる。

韓国の3センターは基本的に気合でスライドすることになるのでサイドが空きやすく、そこが狙い所でした。

見てるとSBが持つ場面が多かった記憶です。ほぼノープレッシャーだったので。なので割と安定して前にボールを運べる日本。あまりなかったですが、韓国の中盤がプレスに来たらそこのスペース使い放題。

ビルドアップ時に高い位置にSBを配置するボール保持チームは多いですが、日本はリスク回避のためかやってませんでした。正直このチームの試合は初めて見たのでいつもそうなのかこの試合限定なのかは不明です。この展開だといらなかったか。

myboard02


韓国の3CBの守備がちょっと怪しく何回か日本が崩しています。

myboard03

図は日本の左サイドから生まれた決定機ですが、右サイドでも同じような形で崩していました。
韓国は日本が図のあたりでボール持つと複数人が同時に釣られる(特にサイドのCBはほぼ飛び出してくる)傾向があり、さらにそこをスライドなどで埋めないためスペースにトップ下などが走り込んで使う場面が何回か見られています。

前半の途中で、韓国は「この状態でボール奪うの無理」と判断して5-4-1に切り替えて撤退します。よってボールを保持する日本、撤退してカウンター狙えたら狙う韓国という状態がより明確になります。
ちなみに、5-4-1への移行がスムーズだったので最初から韓国はそういう予定だったのかも知れません。

5-4-1にしたのは5-3-2で出来てしまうスペースを埋める意図だと思います。

日本の選手の技術の高さもあり、韓国はボールを思うように奪えずカウンターらしいカウンターはそんなにないまま前半終了です。

結果から言えば、このときに点をとっておくべきでしたね…。


後半

日本は目立った変更はなかったように思いますが、韓国は大幅にいじってきます。
具体的にはフォメを4-4-2に変更したのと、プレス開始ラインをかなり高くしてきました。

myboard04

日本の2CBにゴール近くでもプレス、さらに前半のビルドアップで目立ったSBも自由にさせないようにします。

ビルドアップは数的優位を前提に設計されていないと機能しません。これで日本は前半のようなビルドアップができずGKも大きく蹴るようになり、必然的に間延びしてカバーリングが効かないため日本の左サイドを中心にガンガン崩されるようになります。

韓国は「右サイドで勝負すれば勝てる!!」と分かってましたし、長く蹴っても日本はほぼ競り負けて韓国ボールなので辛い展開になりました。

ただ、脈絡なく中盤でボールを奪えたときは韓国SBの裏スペースを使ってカウンター、そして決定機という形も生まれるようにはなりました。良し悪しはともかく…。

で、ハンドをスルーされたりゴール取り消されたりポストにあたったり試合終了のホイッスルが妙なタイミングだったりいろいろありましたが結果は日本の負け。

感想

このチームの試合を初めて見たので普段どうしているのかを管理人は知りません。ただ、もしボール保持を志向するなら後半のようになったときに優位を確保するオプション(いわゆるボランチ落としみたいな)を用意しておいて、早くさせられたテンポを落ち着かせられたら良かったかも知れません。韓国は同数でハメ殺しに来ていたので。

なんというか、事前に準備した形で優位になる⇒でも点が取り切れない⇒相手が修正してくる⇒やべーどうしようみたいなのをよく見るので、予想される修正に対しては再修正が準備できたらいいなぁ…と。代表だと難しいんでしょうか。

あと、前半のような状態をさして「ボールを持たされていた」と表現することもありますが、この試合に関してはそうでもないかなぁと思います。アトレティコ・マドリーのように相手に持たせたとき最強のチームならその通りなんですが…。

バルセロナですら下位チームにガチガチに引かれて攻めあぐむこともありますから。要はそうなったときの攻略法があるかどうかで、バルセロナは最終兵器「メッシ」。ペップは「強制ボールウォッチャー化」。モウリーニョあたりは「デカイ奴に放り込めw」。ブラジルやメキシコなどはフリックをよく使っています。

うまくいくまで保持すればいいわけで、そのへんは考え方かなぁと。
もちろん相手の守備が整ってないときに攻められたら言うことはありません。

で、結果はいろいろな受け止め方があると思うんですが、管理人的には「育成年代の大会で多くの試合を経験できず早期敗退してしまったこと」が残念だなぁと思っています。

トゥーロンとコパ・アメリカに期待したいです。