日本の4-4-2守備をズタズタにしたカタール
キリンカップで3バックを試験導入しネットで叩かれている森保監督ですが、個人的には3バックはともかくいろいろなオプションが必要なのは事実だと思います。そう思う理由の一つがアジアカップのカタール戦です。

1-3での敗戦ですが、内容はそれ以上にボッコボコでした。特にカタールは日本の(というか各国代表の多くが使用する)4-4-2守備を戦術面でほぼ無効化していたからです。

方法自体はクラブチームレベルでは結構前から知られていたものですが、代表チームで、しかもアジアでコレをやってくるとは個人的に予想外でした。もっともカタールは日本戦以外でもやっていたそうなのでスカウティング不足と言われても仕方ないですが…。

ということで、カタールが何をやっていたのか振り返りたいと思いますが、管理人はあまりの萎え具合に試合動画を消してしまったので、これから書くことは管理人のツイートと記憶によります。なので細部は結構曖昧です。すみません。

カタールの3-1-4-2
a01

カタールは3-1-4-2とも言えるフォーメーションになっていました。ビルドアップ隊は3-1ですが、「1」のアンカーの存在が大きいです。
アンカーは日本の2トップの間にポジショニングします。日本はこのエリアでただでさえ数的不利なうえ、2トップのうちどちらがアンカーを見るのか常に判断を迫られることになります。実際には2トップはどうするのか判断がつかないままボールホルダーになんとなく寄っていくだけ。この時点で2トップは守備していないも同然となりました。

カタールは右CBがボールを持つことが多かったように記憶しています。そこから右WBを経由するか直接かなどのルートでアンカーにボールを渡します。アンカーは時間とスペースをもってボールを保持できました。

カタールで最も厄介だったのは11番です。11番はこのチームの”メッシ”で、トップではなく中盤に下がってきて数的優位を作るゼロトップ的なことをやっていました。これで日本は中盤でも数的不利になり、11番を中心とした間受けやポジションチェンジでゾーンの間にスコスコ繋がれるようになります。

日本はアンカーをどうするか、ゾーンの間で動く選手をどうするか判断がつかないまま2失点。この時点でほぼ終了でした。

カタールの守備
カタールは前半と後半で守り方がちょっと違いました。

前半はほぼ5-3-2。2のうち一人が柴崎担当で、列を下りてビルドアップしようとする柴崎にかなりついてくるので日本は思ったようにボールを持てなくなります。それでも中盤3はサイドが空きやすいのでもうちょっとボールを回して相手を振り回しても良かったように思いますが…。
確か日本のボランチに怪我人が出ていた記憶があるのでそれも影響したのかも知れません。

後半は5-4-1撤退。これはおそらく最初からの予定で、日本がサイドバックを高い位置に上げ横幅を確保してくることが分かっていたのでしょう。で、ウイングバックの前のスペースを予め消しにかかったわけです。さらにカタールは中二日で、前半のような守備を一試合継続出来ないことも織り込んでいたものと思われます。

理にかなった采配でしたが、柴崎担当がいなくなったこととカタールが撤退したことで日本のビルドアップ隊が息を吹き返し、日本がボールを保持して攻める展開となります。ちなみに日本の得点前後からカタールは守備を5-3-2に戻しています。このままでは追いつかれると思ったのでしょう。

日本の得点もボール保持からの崩しというよりは、トランジションから脈絡なく点をとった感じでした。なんだかんだチャンスは作れていたので、選手の個人能力では勝っていたと思います。戦術面で完敗した感じ。

もしも前半1失点だけで凌ぐことができればカタールの運動量がガタ落ちする後半になんとか出来たかも知れませんが、2失点ではどうにもなりませんでした。

日本はどうすべきだったのか?
3-1ビルドアップは欧州のクラブチームではよく見る形で、ブンデス時代のトゥヘルやナーゲルスマン、(機構は違いますが)コンテユベントスなど枚挙に暇がありません。

3バックビルドアップへの対策で最も分かりやすいのは、疑似3トップ化して同数プレスを仕掛けること。中盤は3人になりますがそこは根性でカバーします(いやマジで)。ドルトムント時代のクロップの得意技の一つです。ビルドアップの歯車を狂わせてしまえばどうにでもなります。

実際、日本は前半途中から原口が駆け上がってプレスに行くようになりました。ただ走る距離が長いのと周囲が連動しきれず余裕を持って繋がれてしまっていましたが…。個人的には攻撃時のことも考えて堂安を上げても良かったんじゃないかと。

実例として、CLのドルトムント対モナコ(バスが爆破されたアレです)では、普段4-4-2守備のモナコがドルトムントの3バックビルドアップにプレス不可と見るやすぐに疑似3トップ化していました。また2トップ(ファルカオとムバッペだったと記憶)のアンカーのケアがやたらと巧みで、トゥヘルはボランチを一人増やさざるを得ませんでした。結果はモナコの勝利でしたね。

最もクラブチームレベルでは定石でも、代表チームで選手だけで修正できるのはごく一部の国だけでしょう。そのへんは事前準備でカバーすべきで、それを怠ったのか選手の修正力にあえて期待したのかは森保監督に聞いてみないと分かりません。

4-4-2以外のオプション
前述の通り、アジアですらクラブチームのような戦術を駆使する代表チームが現れました。
おそらく今後4-4-2守備攻略を行う代表チームは増えてくるはずで、そうするとW杯本戦はおろかアジア予選ですら勝つのは難しくなる、そうなる前にオプションを増やしておきたい、というのは割と自然な考えだと思います。

日本は代表選手が海外のバラバラのチームに所属していて練習時間が思うようにとれません。近年の代表で強かったスペインやドイツはクラブチームが同じ選手が多く、今回のカタールも年単位で入念に準備されたチームだと聞きます。

その差を嘆いていても仕方がないので、キリンカップのような親善試合を活用し少しでも多くのことを試すのは個人的にはアリだと思います。勝敗?所詮親善試合ですから…。


こちらもどうぞ
日本代表を考える 森保監督の広島時代の3バック基本編
【管理人記事】実験企画 知ったかぶりしたい人のための今さら分析するU-20W杯 日本対韓国