サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    Jリーグ

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/20(木) 07:21:18.76 ID:lecK1rdu9
    元日本代表MF宇佐美貴史(27)=デュッセルドルフ=が、今夏G大阪に復帰することが19日、決定的になった。
    G大阪と宇佐美の保有権を持つドイツ1部・アウクスブルクとの間で移籍金等の交渉が合意に達したもようで、近日中にも両クラブから発表される見込み。
    宇佐美にとっては16年以来約3年ぶり、2度目の古巣復帰となる。

    宇佐美はG大阪から当時19歳の11年に名門・バイエルンに期限付き移籍し、ドイツでの挑戦をスタート。
    13年にはG大阪に復帰したが、16年に再びドイツのアウクスブルクへ完全移籍した。
    ドイツでは計5シーズン、4クラブでプレー。1部では53試合3ゴールと結果を残せなかったが、
    G大阪は攻撃センスや豊富なアイデア、下部組織出身でクラブ愛を持つ点から、復帰のオファーを出していた。

    G大阪は今季、ここまで17位とJ2降格圏に低迷。昨季途中に就任した宮本恒靖監督(42)の下で世代交代を進め、
    元日本代表MF遠藤保仁(39)が主にベンチスタートとなるなど、変革の時を迎えている。
    ここ4試合は1勝3分けと勝ち点を積み上げているが、得点はわずか2。
    守備は安定してきた一方で、攻撃の爆発力を欠いている状況だ。

    宇佐美が今回2度目の復帰となれば、エースとしての役割だけでなく、下部組織から育った選手を中心に戦うというチームの理念を体現する存在として、ピッチ内外で影響力を発揮する必要がある。
    かつて“G大阪の至宝”と呼ばれた男が、まずJ1残留、そして15年の天皇杯制覇以来タイトルから遠ざかるクラブの復権に力を尽くす。

    ◆宇佐美 貴史(うさみ・たかし)1992年5月6日、京都・長岡京市生まれ。27歳。G大阪ユース在籍中の09年、高校2年でトップチームに昇格。
    11年にドイツ1部バイエルン、12年に同ホッフェンハイムに期限付き移籍。13年にG大阪復帰。
    16年にドイツ1部アウクスブルクへ完全移籍し、17年に同2部デュッセルドルフに期限付き移籍。
    1通算120試合45得点、J2通算18試合19得点。ドイツ1部53試合3得点、同2部28試合8得点。日本代表27試合3得点。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000308-sph-socc
    6/20(木) 4:09配信

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/19(水) 13:23:29.90 ID:jNG8uz5n9
    6/19(水) 13:01配信
    川崎の守田が道交法違反で検挙…内部処分として公式戦1試合の出場停止に

     川崎フロンターレは、同クラブに所属するMF守田英正が道路交通法違反により検挙されていたことを、19日にクラブ公式サイトで明らかにした。

     17日の午前8時30分頃、川崎市麻生区を自家用車で運転中していた守田は、運転中の携帯電話使用等の道路交通法違反で検挙された。また、検挙時には同選手の運転免許証の有効期限が6月10日で失効していたことも併せて判明した。

     事態を重く受け止めた川崎はクラブ独自の処分として、守田に対して「1試合の公式戦出場停止」、「制裁金」、「社内奉仕活動の実施」を、取締役強化本部長の庄子春男氏と強化部長の竹内弘明氏に対して1ヶ月の減俸をそれぞれ科すことを発表した。

     また、同クラブは再発防止策として、「所属選手、スタッフ、クラブスタッフ全員への運転免許証の確認を含む社内への注意喚起」と、「所轄の麻生警察署と連携した道路交通法の順守のための交通安全の取り組み」を実施する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00949666-soccerk-socc
    no title

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/16(日) 23:37:30.71 ID:pvM25oGw9
    ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが16日、自身の公式SNSを更新して手術が成功したことを明かした。

    ポドルスキは今シーズンの明治安田生命J1リーグで8試合に出場し、2得点を記録。しかし、体調不良によって母国ドイツで療養中だった。

    状態が心配されていたが、ポドルスキはインスタグラムを更新。
    「皆さん、こんにちは。手術は正常に完了したが、回復までには時間がかかる。すぐに良くなることを願っているよ! 忘れないでほしい、
    僕はいつだって戦士だ! 素晴らしいドクターたちに感謝する」と経過が順調であることを明かしている。

    D9L__MyW4AAmQoi

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00948749-soccerk-socc
    6/16(日) 23:35配信

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/17(月) 08:36:04.56 ID:m0Lxa6uv0
    浦和 38,152 人
    2 横浜FM 30,163 人
    3 FC東京 30,028 人
    4 名古屋 29,925 人
    5 G大阪 29,608 人
    6 川崎F 23,319 人※全試合完売
    7 神戸 21,594 人
    8 C大阪 21,411 人
    9 札幌 19,956 人
    10 鹿島 18,460 人
    11 松本 17,255 人
    12 磐田 17,118 人
    13 鳥栖 14,536 人
    14 仙台 14,468 人
    15 清水 14,426 人
    16 大分 14,067 人
    17 広島 13,057 人
    18 湘南 12,365 人
    リーグ平均入場者数 21,163


    22

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/17(月) 05:41:40.33 ID:rFJqPKuh9
    G大阪がイングランド2部リーズからドイツ2部フュルトに期限付き移籍しているMF井手口陽介(22)に正式オファーを出したことが16日、分かった。
    すでに完全移籍に向けた違約金を提示しており、クラブ間合意まで秒読み段階。あとは本人の決断に委ねられることになる。
    井手口は18年1月にG大阪からリーズに完全移籍。そのまま期限付き移籍したスペイン3部レオネサでは半シーズンで出場5試合にとどまり、W杯ロシア大会出場も逃した。
    18~19年に所属したフュルトでは右膝後十字じん帯断裂で長期離脱。7試合1得点に終わった。

    海外で不本意な戦いが続く井手口は来季も海外リーグを希望している。G大阪も本人の意向を理解。
    だが現在チームは大幅な若返りを図っている。
    豊富な運動量に対人の強さ、強烈なミドルシュートを持つダイナモは再び黄金期をつくる人材として不可欠と判断。オファーに踏み切った。

    また復帰を望んでいるFW宇佐美貴史(27=デュッセルドルフ)との下交渉も順調に進んでいる。
    ともにクラブの下部組織出身。2人の至宝が復帰するのか注目が集まる。
    20190616s00002179536000p_view

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/06/17/kiji/20190616s00002179539000c.html
    2019年6月17日 05:30


    関連まとめ
    井手口洋介さん、来季も欧州でのプレーを熱望「レベルの高いところがいい」

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    高ポゼッションを表明したフィンク
    ひさびさに地上波で放映されたことや、監督がまた交代したこと、イニエスタが久々に出場して首位のFC東京を撃破したことなど割と注目だった東京対神戸戦について書く。

    事前の報道だと、クラブの希望通り高ポゼッションのサッカーを目指していくとフィンク新監督。ただ、どうもこの試合までほとんど練習時間がなかったようなので時間が経つとどうなるかは分からない。

    さしあたり前半を中心に書いてみたい。イニエスタの新ポジションやはっきりした4-4-2守備の攻略が見られたので欧州の標準的な戦術はきちんと使いこなせる人なんだなぁとは思った。
    もっとも出場停止が多かったためのスクランブルだったらどうしよう。

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/15(土) 20:50:36.94 ID:3MbTXzpu9
    6/15(土) 20:32配信
    神戸イニエスタ、リーグ4試合ぶりの復帰戦で今季初ゴール! 右足一閃でニアサイド破る

    6試合ぶりに先発出場のイニエスタが華麗なミドル弾で先制点をマーク

     ヴィッセル神戸は15日、J1リーグ第15節で首位のFC東京とアウェーで対戦。この一戦でリーグ戦4試合ぶりの出場を果たした元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、後半4分に鮮やかなミドルシュートを突き刺し、先制点を奪った。

     負傷によりリーグ戦出場は第11節鹿島アントラーズ戦(0-1)以来4試合ぶり、スタメンだと第9節の川崎フロンターレ戦(1-2)以来6試合ぶりの出場となったイニエスタは、前半5分に2人に囲まれながらも華麗なステップで抜き去り、同9分にはアウトサイドでのスルーパスから元スペイン代表FWダビド・ビジャの決定機を生み出すなど、復帰戦とは思えないキレのある動きを見せていた。

     そして0-0で迎えた後半4分、右サイドのDF西大伍のクロスがファーサイドに流れると、ペナルティーエリア内で構えていたイニエスタがボールを受け、フリーの状態で右足を振り抜くと、鋭い弾道のコントロールシュートがゴール左隅に突き刺さり、チームに先制点をもたらした。

     復帰戦で今季リーグ戦初ゴールを決めたイニエスタ。首位のFC東京相手に、13位に沈むチームを奮い立たせる貴重なゴールを奪った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00196354-soccermzw-socc
    no title

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ