サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    Jリーグ

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/23(金) 13:37:52.15 ID:gpNcObLX9
    ドイツ2部ハンブルガーSVからJ1神戸に完全移籍で加入した元日本代表DF酒井高徳(28)が、17日のホーム浦和戦(ノエスタ)で久々の日本復帰を果たした。Jリーグのピッチに立つのは新潟に所属していた2011年12月3日以来2814日ぶりだった。

     左ウイングバックとして先発し、後半33分まで78分間プレー。時折、対面の浦和MF関根貴大の仕掛けに手を焼いたものの、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンが「フィジカルに優れ、一対一に強い」と賛辞を贈ったように守備の強度は期待通りで、神戸にとって6試合ぶりの勝利、8試合ぶりの無失点に貢献した。

     神戸はリーグ4位の36得点を挙げながら、同ワースト2位タイの39失点を喫しており、攻守におけるアンバランスさが15位という低迷の大きな要因となっていた。それだけに酒井の起用が即座に目に見える結果となって現れ、トルステン・フィンク監督も「左サイドをより安定させてくれる」と大きな信頼を寄せた。

     酒井加入の効果は守備の安定だけではなかった。浦和戦後、酒井は「喋るということがいかに重要か、意外にチーム内に浸透していない。きつい時こそ一言二言、注意力を上げるためにも声を掛けるというのは非常に大事になってくるので、そこは自分の中で意識した」と、コミュニケーションの重要性を説いた。その言葉に同調したのがMF山口蛍だった。「向こう(ハンブルガーSV)でキャプテンをやっていたくらいなので、すごく声の出せる選手。外国人選手がたくさんいる中で、引っ張っていける選手がいるのはすごく大きい」。

     1-4で敗れ、リーグ戦7連敗となった5月18日のアウェー横浜M戦(日産ス)の後、欠場のMFアンドレス・イニエスタに代わってキャプテンマークを巻いた山口は「なかなか声を出しても、みんなもう少し応えてくれてもいいんじゃないかというくらい落ち込んでいる。みんながもっと前向きになっていかないと厳しい」と呟いていた。苦境にあえぐチームを鼓舞しても反応は薄い。そんな状況にもどかしさを抱いていた山口の目に、声を出し続け、周囲とのコミュニケーションを欠くことのない酒井の姿は頼もしく映ったに違いない。

     酒井の加入は神戸に想定以上の効果をもたらすかもしれない。フィンク監督は「彼を獲得したのはサッカーの能力もあるが、三浦(淳寛)SDが彼の性格を知っていたこともある。本当に速いスピードで溶け込んで、既にチームの一員になっている」と、酒井の気質も高く評価した。

     神戸は23日にアウェー鳥栖戦(駅スタ)を迎える。ピッチ内外で存在感を増している酒井は左ウイングバックで2試合連続の先発出場が確実となっている。神戸が無失点で試合を終えればリーグ戦では今季4度目。2試合連続は初めてとなる。(デイリースポーツ・山本直弘)
    201908170001095-w500_1

    8/23(金) 11:00配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000044-dal-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/23(金) 21:30:25.23 ID:QAA2iXf99
    鳥栖 1-6 神戸
    [得点者]
    11'山口 蛍       (神戸)
    20'アンドレス イニエスタ(神戸)PK
    22'田中 順也      (神戸)
    54'古橋 亨梧      (神戸)
    73'古橋 亨梧      (神戸)
    79'金井 貢史      (鳥栖)
    86'山口 蛍       (神戸)

    スタジアム:駅前不動産スタジアム
    入場者数:23,055人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/082301/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    201908230000361-w500_3


    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: れいおφ ★ 2019/08/23(金) 18:21:45.82 ID:zepobnyF9
    J1リーグ19節・横浜対浦和の試合前のスタンドで、両サポーターが衝突した問題について、
    Jリーグは8月22日、制裁内容を決定したことを発表した。
     
    このトラブルは7月13日に行なわれた横浜対浦和戦の試合前に起きた。
    浦和サポーターが横断幕掲出禁止エリアに横断幕を掲出したことをきっかけに、横浜サポーター約40名がビジター側スタンドの境界線付近に詰め寄った。
    緩衝エリアのフェンス越しに浦和サポーター約20 名と揉み合いになり、その際双方に暴力行為があったという。
     
    揉み合いは、約5分間にわたり激しく続いた。その際スタンドの他サポーターからはブーイングが行なわれ、
    「止めましょうみなさん。せっかくの試合が台無しになります。いい大人です、子供たちも見ています」などのアナウンスもあった。
     
    負傷者もでたこの問題に対し、Jリーグは両クラブにけん責(始末書をとり、将来を戒める)と制裁金200 万円を科すことを発表している。
    制裁の詳しい理由は以下の通りだ。
     
    【横浜F・マリノス】
    横浜FMサポーターによるビジター側スタンドへの侵入を未然に防ぐことができず、暴力を許し、
    負傷者を出してしまったことは、主管クラブである横浜FMの警備体制に不備があったことおよび自クラブサポーターをコントロールできなかったことに責任がある。
    また、当日のトラブルは、SNS 等を通して動画で拡散されスタジアムが危険であるとの印象を社会に与えてしまった責任は大きい。

    制裁金の金額については、社会的な影響が大きく、負傷者を出した責任は逃れられないが、
    浦和サポーターの禁止エリアにおける横断幕掲出が本件を触発した事情を勘案し、200 万円が妥当と考える。
     
    【浦和レッズ】
    浦和サポーターによる横断幕掲出禁止エリアへの横断幕掲出を未然に防ぐことができず、暴力を許し、負傷者を出してしまった。
    その際に傘の投げ込みもあり、自クラブサポーターをコントロールできなかったことに責任がある。
    特に、これまでも禁止エリアへの横断幕掲出を繰り返しているにもかかわらず、これを阻止する措置が不十分であったことの責任は軽くない。
    当日のトラブルは、SNS 等を通して動画で拡散され、スタジアムが危険であるとの印象を社会に与えてしまった責任は大きい。

    制裁金の金額については、両クラブ衝突の原因を作り、しかも、衝突の原因となる横断幕掲出ルール違反は今回の件が初めてではなく、
    これまでも同様の禁止行為を今年だけで4 回繰り返していることを考え合わせれば、200 万円を制裁金として科す事が妥当と考える。
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00063141-sdigestw-socc

    映像
    https://youtu.be/I7cDtpGVN4k


    https://youtu.be/Qf7Z3oSrBhc


    この記事の続きを読む

    コメント( 2 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/20(火) 18:20:50.10 ID:TQs/HXrC9
    【武田修宏の直言!!】

    真夏のJリーグ生観戦は予想以上に大変だったよ。17日にJ1FC東京―広島戦、18日にJ2大宮―千葉戦をスタジムで見たんだけど、ナイター開催でも気温が30度を超えていたし、ホントに暑かった。
    ハーフタイムに水分補給しようにも売り切れているところが多くあって、サポーターの方たちもぐったりしていたよ。

    それに試合のほうもクオリティーはいまひとつだったね。選手たちは頑張っているんけど、やはりジメジメする日本の真夏にプレーするのはかなりしんどそう。
    なるべく消耗しないようにと、省エネサッカーに感じる部分もあったし、チームのトップパフォーマンスを発揮したという試合ではなかったんじゃないかな。

    来年に迫った東京五輪でも真夏の開催でマラソンなど一部の競技で開始時間などが見直されているでしょ。
    そんな中で、Jリーグでは試合を見るのも大変だし、しかもゲームの質も良くなくて低調となれば、わざわざ高いお金を払ってスタジアムにまで足を運んで観戦にいく人は減っていくんじゃない? 

    Jリーグも夏場の日程を見直すべきだよ。夏休みは集客が見込めると言われるけど、改善できなければ人気低下は避けられないと思うけどね。
    sirabee20190320takedanobuhiro04-600x400

    8/20(火) 16:40配信 東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000028-tospoweb-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/21(水) 14:47:56.87 ID:fLdz1Kcq9
    ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ(35)が21日、神戸市内で練習後に合同インタビューに応じた。

    23日は駅スタで盟友サガン鳥栖FWフェルナンドトーレス(35)のラストマッチに臨む。イニエスタは「彼にとっては大切な試合になる。サッカーは何が起こるか分からない。彼の引退試合を日本で、自分が対戦相手になるとは不思議なことと思う。彼には素晴らしい試合をしてほしいと思うが、最後はヴィッセルが勝ちたい」と親友のはなむけに勝利宣言した。

    自身の引き際についても語った。「できることならいつまでもサッカーをしていたいが、それは不可能なこと。(その意識は)選手によって変わってくる。サッカーへの熱、プロとしてやっていく気持ちを考えながら引退のタイミングを決めたい。自分は神戸でプレーし、貢献できることを楽しみにしている。契約があと2年残っている。それが終わってから考えたい」。

    最低でもあと2シーズン、世界最高峰レベルのプレーを神戸で披露することを誓った。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/201908210000226_m.html

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ