サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    ニュース

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/09/01(日) 05:13:12.93 ID:hl6hQ8xf9
    16歳の神童、伝説の始まりか
    16歳のギニアビサウ出身FWアンス・ファティがバルセロナの歴史を塗り替えた。

    バルサは8月31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第3節でオサスナとのアウェー戦を迎えた。
    1点ビハインドで後半を迎えた中、指揮官のエルネスト・バルベルデ監督はハーフタイム明け、
    前節のベティス戦においてクラブ史上2番目の若さでトップデビューを果たしていたファティを投入する。

    すると、16歳がいきなり魅せる。51分、右サイドからカルレス・ペレスが入れたクロスにゴール正面でDFと競り合いながらヘッド。
    高身長ではないながらも渾身のジャンプから高い打点で放たれたヘディングシュートがゴール左に吸い込まれる。
    ゴールセレブレーションでは喜びを示した後、同点弾だったため、すぐさま自陣に戻る姿勢を見せるファティ。
    祝福されて自陣に戻る際には手を口に当てて、自身でも驚いているような仕草を見せた。

    ファティは16歳304日でのゴールとなり、これまで17歳53日のゴールで記録保持者だったボージャン・クルキッチ(現モントリオール・インパクト)、
    リオネル・メッシ(17歳331日)の記録を更新し、リーガでのクラブ史上最年少ゴール記録を樹立した。また、リーガ・エスパニョーラ全体でも、元マラガのファブリス・オリンガ(16歳98日)、
    アスレティック・ビルバオのイケル・ムニアイン(16歳289日)に次ぐ3番目の若さでのゴールとなっている。

    バルセロナはその後、64分にアルトゥールが勝ち越し弾を記録するも、81分にジェラール・ピケのハンドから与えたPKで再び失点し、2-2のドロー。
    開幕節での黒星スタートから前節に初白星を挙げたが、第3節で再び勝ち点を落とした。

    なお、ファティはバルセロナの下部組織時代、今夏にレアル・マドリーからマジョルカにレンタル移籍した日本代表MF久保建英とも共にプレーした経験を持つ。
    スペインメディアでは、バルサの下部組織時代に久保のパスから見事なシュートを決めた動画も紹介されていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190901-00010004-goal-socc
    9/1(日) 1:54配信

    no title

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=doDj5pFWxFE


    バルサ、16歳が衝撃の史上最年少ゴール!…も、ピケ先輩が痛恨プレー vsオサスナ戦ハイライト 31/08/2019

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077669
    試合スコア

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    5: 名無しのサッカー小僧 2019/08/31(土) 21:47:32.08 ID:dbjisi/X0
    [8.31 プレミア第4節 サウサンプトン1-1マンチェスター・U]

     マンチェスター・ユナイテッドは31日、プレミアリーグ第4節でDF吉田麻也が所属するサウサンプトンのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。吉田はベンチスタート。数的不利の後半32分で途中出場し、左サイドバックに入った。

     前節クリスタル・パレスに1-2で敗れ、今季初黒星を喫したユナイテッドは、先発3人を変更。DFルーク・ショーとMFジェシー・リンガード、FWアントニー・マルシャルに代え、DFアシュリー・ヤングとMFフアン・マタ、MFアンドレアス・ペレイラを起用した。対するサウサンプトンは、27日のカラバオカップ(リーグ杯)フルハム戦から4人を入れ替え、GKアンガス・ガンとDFヤニク・ベステルゴーア、FWチェ・アダムス、FWダニー・イングスが先発している。

     試合はサウサンプトンの入りが良かったが、先手を取ったのはユナイテッドだった。前半10分、MFスコット・マクトミネイのパスを受けたMFダニエル・ジェームズがPA内に進入。マタが囮となり、ジェームズがそのまま右足シュートをゴール右に突き刺し、1-0とスコアを動かした。

     前半は枠内シュート0本にとどまったサウサンプトン。後半10分のアダムスの決定機は決めきれなかったが、13分に波状攻撃から同点に追いつく。MFジェームス・ワード・プラウズの左CKからニアに走り込んだイングスのヘディングシュートはGKダビド・デ・ヘアのファインセーブに遭う。右サイドでこぼれ球を回収したDFケビン・ダンソのクロスからベステルゴーアがヘディングシュートを叩き込み、1-1とした。

     ユナイテッドは後半23分に2枚替え。A・ペレイラとマタに代え、リンガードとMFネマニャ・マティッチを投入した。38分にはマクトミネイがファウルを受け、ダンソが2枚目のイエローカードにより退場。ユナイテッドは数的優位に立った。

     サウサンプトンは後半32分、イングスを下げて吉田をピッチに送り込み、ダンソがいた左サイドバックに入った。ユナイテッドは37分にマクトミネイに代えて、期待の若手FWメイソン・グリーンウッドを投入。38分にはMFポール・ポグバのスルーパスからFWマーカス・ラッシュフォードがシュートを放ったが、GKガンに阻まれ、同点とはならなかった。

     終盤はサウサンプトンが押し込む時間が続き、試合はそのまま1-1でタイムアップ。ユナイテッドは数的優位をいかせず、3試合未勝利となっている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-43471116-gekisaka-socc

    20190831-43471116-gekisaka-000-view

    いい加減スールシャール諦めろや

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/31(土) 15:15:23.36 ID:vqry4dS59
    2019年08月31日 05:30 スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20190830s000023CF156000c.html

     重大なミスを犯した選手を監督が殴ったとする。これって、パワハラだろうか。

     違う、とわたしは思う。

     暴力は、“ハラスメント=嫌がらせ”なんて言葉で片づけられるものではない。当事者がどんな理屈を並べようが、恐怖による支配は指導者によるスポーツの破壊行為である。殴られる側が学生だったりする場合は、特に。

     そもそも、ハラスメントとは「やられた側が強い、あるいは凄(すさ)まじい不快感を覚え、やった側はちっぽけな自己満足を味わうだけ」の行為だとわたしは認識している。それによって何かが生み出されることもない。つまりは、まったくの不毛であり非生産的な行為。ゆえに世界中でハラスメントは非難される。

     では、重大なミスを犯したプロの選手を、プロの監督が激しく叱責(しっせき)したとする。言われた側が立ち直れないぐらいの激しい罵声を浴びせたとする。これって、パワハラだろうか。

     これも違う、とわたしは思う。

     マラソンの有森裕子さんは「わたしがやっているのはライス・スポーツですから」とおっしゃっていたことがあるという。一般的な市民が楽しむのが“ライフ・スポーツ”だとしたら、プロ・ランナーの自分がやっているのは、コメのため、食べるためのスポーツなのだ、と。

     Jリーグは、もちろんプロスポーツである。監督という立場にある人間は、自分の食い扶持(ぶち)だけでなく、選手やスタッフの未来に対しても大きな責任を負っている。クラブは一人の監督によって成り立っているわけではないが、しかし、クラブの構成員の中ではもっとも大きな責任を背負っているのも間違いない。

     そんな立場にある人間の罵声は、なるほど、飛ばされた側に強烈な不快感を与えただろう。だが、飛ばした側はちっぽけな自己満足を満たすためにやったのか?

     違う。勝つためだ。あるいは、勝つ可能性を高めるためだ。

     監督が選手やスタッフを叱責する行為がパワハラだというのであれば、02年の日本代表監督だったフィリップ・トルシエはパワハラの王様だった。いや、彼の場合は時に選手を突き飛ばしたりもしたから、パワハラの域をも超えていた。

     時代が違う?ならば、4年前のラグビー日本代表を率いたエディー・ジョーンズはどうか。彼も、選手やスタッフに相当な精神的負担を感じさせるタイプの指導者だった。

     では、トルシエやエディーのやり方は、パワハラだと非難されただろうか。やり方がけしからんと、謹慎を強いられただろうか。

     02年のトルシエも、15年のエディーも、率いていたのは言ってみれば平幕のチームだった。横綱や大関を倒すためには、強豪がやらないところまで選手を追い詰めなければならなかったのだろう。個人的には好きなやり方ではないが、しかし、その背景は理解できる。すべては勝つための手段であって、断じて個人的な自己満足のためではなかった、ということも。

     なので問いたい。ベルマーレでチョウ貴裁(チョウキジェ)監督がやったことは、パワハラだったのか。彼は、ちっぽけな自己満足のために、周囲を萎縮させていたのか、と。(金子達仁氏=スポーツライター)

    ダウンロード


    関連まとめ
    【意見様々】3人の選手が精神的に追い詰められ…“パワハラ疑惑”湘南・曺貴裁監督は何をしたのか
    【曺貴裁パワハラ問題】武富考介さん、ぶっちゃけるwww「曺監督の指揮自粛で湘南から浦和へ移籍します」


    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/31(土) 20:59:08.29 ID:lch2bzHE9
    神戸 2-3 札幌
    [得点者]
    43'田中 順也(神戸)
    45'鈴木 武蔵(札幌)
    52'ジェイ  (札幌)
    64'田中 順也(神戸)
    67'宮澤 裕樹(札幌)

    スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
    入場者数:20,825人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2019/083106/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/31(土) 19:14:28.36 ID:lch2bzHE9
    ◇セリエA・第2節 ボローニャ1―0SPAL(2019年8月30日 ボローニャ)

     セリエAのボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋がホームのSPAL戦に右サイドバックで先発し、リーグ開幕2試合連続(公式戦3試合連続)のフル出場。1―0での今季リーグ初白星に貢献した。

     開幕戦後に「攻撃のところでもうひと工夫できたと思う」と話していた冨安が、2戦目で攻撃力を猛アピールした。身長1メートル87の本職がセンターバックの選手とは思えないテクニックとスピードを披露。前半25分、高い位置でパスを受けると華麗なダブルタッチで相手2人をかわしてホームの観客を沸かせた。後半9分には速攻からの1対1でボールを前に出してから”裏街道”で相手を振り切るスピードを発揮。セリエAの公式記録では、トップスピードで両チームの中で最速の時速32.95キロをマークした。また、「改善していかないといけない」と話していた守備でも無失点に貢献した。

     地元紙はリーグ開幕戦に続いて冨安を絶賛した。ガゼッタ・デロ・スポルト紙は「センターバックとして生まれたが、右サイドを注意深く守り、そしてウイングのように攻める。またしてもピッチで最高の選手となった」とチーム最高の7点(10点満点)を付けた。コリエレ・デロ・スポルトもチーム最高タイの7点を付け「ボールを持っていない時より、ボールを保持していた時のプレーの方が良かった」と攻撃面を評価。6・5点を付けたトゥットスポルトは試合レポートの中で「冨安は質と量を兼ね備えた選手であることを証明した。前半25分、日本人というよりもブラジル人と形容されるべき(華麗な)プレーでCKを獲得した」と評した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00000204-spnannex-socc

    ボローニャ冨安、2試合連続でチーム最高評価!「再びピッチのMVP」

    セリエA第2節が30日に行われ、日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは1-0でSPALを下し、今シーズン初白星を手にした。試合後、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が採点を発表した。

     右サイドバックで2試合連続の先発出場を果たした冨安は、積極的なドリブルを仕掛けるなど攻守にわたって存在感を発揮。フル出場でチームの勝利に貢献した。『ガゼッタ』は「トミヤス、嬉しい証明」という言葉とともにチーム最高となる「7」をつけ、「注意深く、サイドアタッカーのような攻撃力で右サイドを掌握。再びピッチの上のMVP」と2試合連続で高評価を与えている。

     代表ウイーク明けの次節、ボローニャはアウェイでブレシアと対戦する。
    GettyImages-1171195025-500x333 (1)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00974903-soccerk-socc


    関連まとめ
    【超朗報】ボローニャ冨安健洋さん、セリエAデビュー戦にして圧倒的なスタッツを叩き出してしまうwww
    【動画】冨安健洋さん、DFなのにドリブルで歓声を受けるww チームも勝利


    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/31(土) 07:39:11.89 ID:VOAXrciu9
    8/31(土) 5:41配信
    フットボールチャンネル

    セリエA第2節のボローニャ対SPALが現地時間30日に行われた。試合は1-0でホームのボローニャが勝利を収めている。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場した。


     開幕戦に続いて冨安が右サイドバックで先発したボローニャは、加入したばかりのメデルをいきなり先発で起用。今季最初のホームゲームでベンチから指揮を執る闘病中のミハイロビッチ監督にはスタンドから大きな拍手が送られた。

     主導権を握ったのはホームのボローニャ。25分にはオルソリーニのCKに冨安がヘディングで合わせるシーンがあったが、惜しくも枠を外れてゴールならず。その後もボローニャはオルソリーニの突破力を軸に先制点に迫っていった。

     後半に入ってもペースを渡さないボローニャは、より攻撃への意識を高めていく。冨安も自らドリブルで右サイドを突破するなど、守備の時間が少ない分、攻撃にも頻繁に顔を出した。

     後半は多くのチャンスをつくりながら、決定力不足と相手GKの好守に遭ったボローニャは、なかなかゴールが生まれない。それでも後半アディショナルタイム、オルソリーニのクロスにソリアーノが合わせて、ようやく先制に成功。土壇場のゴールが決勝点となり、ボローニャが今季初勝利を手にした。

    【得点者】
    90+4分 1-0 ソリアーノ(ボローニャ)
    20190831-00336417-footballc-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190831-00336417-footballc-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    584: 名無しのサッカー小僧 2019/08/31(土) 02:51:08.70 ID:4L7v9kog0
     セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第3節が30日に行われ、MF香川真司が所属するサラゴサはホームでエルチェと対戦した。前節初ゴールを挙げた香川は、3試合連続で先発出場した。

     サラゴサは立ち上がりから攻勢に出るが、16分にラファエル・ドワミーナが右サイドのFKで直接狙ったシュートはクロスバーの上。36分には、ルイス・スアレスがペナルティエリア手前から強烈なミドルシュートを放ったが、GKにセーブされた。

     後半もサラゴサが主導権を握ったが、チャンスを作れず。スコアレスのまま時間が過ぎていったが、84分にスアレスがエリア右で倒されると、主審はノーファールの判定だったが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)介入の末に判定が覆り、サラゴサにPKが与えられる。87分、これをスアレスがゴール右に決めて先制点を挙げた。

     試合はこのまま終了し、サラゴサがホーム戦連勝で今シーズン2勝目を挙げた。なお、香川は71分までプレーしたが、得点には絡めなかった。

     次節、サラゴサは9月8日にアウェイでアルコルコンと、エルチェは同日にホームでルーゴと対戦する。

    【スコア】
    サラゴサ 1-0 エルチェ

    【得点者】
    1-0 87分 ルイス・スアレス(PK/サラゴサ) no title

    またガーナ2トップかい

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ