サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    ネタ・雑談

    コメント( 0 )
    013
    212: 名無しのサッカー小僧 2019/04/30(火) 20:50:45.11 ID:tenMGldOaBYE
    あれから1年、ハリルホジッチ監督の去就がまたも…
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-04300974-nksports-socc

    >指揮官のやり方、性格もよく知る同紙は「監督は、就任後、短い時間でチーム再び活気を与えることに成功した。
    >だが、彼のやり方と人格は、すでにロッカールームをうんざりさせており、解任となっても、惜しまれないだろう」と厳しく書いている。

    フランス人でもハリルはダメか

    引用元: ・http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1556614760/

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    012
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/05/01(水) 00:31:41.99 ID:T1n5w7ok9
    元プロ野球選手のタレント・長嶋一茂(53)が30日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー夜の特大版 今夜決定!平成ニッポンのヒーロー総選挙」(後6時半)に生出演。
    1993年のJリーグ創設に脅威を感じていたことを明かした。

    番組では18万人が選ぶスポーツ選手で11位にランクインしたサッカー元日本代表の横浜C・三浦知良(52)について特集。
    Jリーグ元年の盛り上がりと同年のアメリカW杯のアジア最終予選でのドーハの悲劇を紹介した。

    一茂は「オレも現場にいたじゃない現役で。まあ、ずっとベンチにいた人間だけど…」と現役のプロ野球選手としての立場からの見解を語りだした。
    「野球選手としてはサッカーの台頭は本当に恐ろしかった。ドーハの悲劇だって悪いけど、負けろ!負けろ!って、ずっと思っていた。ゴメンね北澤くん!」
    と同じゲストのサッカー元日本代表MF北澤豪さん(50)に謝罪した。

    一茂は「これで勝っちゃったら野球人気が(サッカーに)抜かされちゃうと思ったんだもん」と理由を説明した。

    一茂はドーハの悲劇と言われた日本―イラク戦をテレビで見ていたという。「前半は日本有利で後半も途中まで優勢だったはず。急に(流れが)変わったんですね」
    と話すと北澤は「(途中で)武田(修宏)さんが入っちゃったから。僕だったら大丈夫だった」と説明。
    一茂は「タケチンか!」と納得の表情を浮かべた。

    ドーハの悲劇は深夜の放送にもかかわらず視聴率48%をたたき出した。一茂は「さっき言ったけれど、プロ野球界が危惧していたのはこの数字。
    (当時は)巨人戦でも20%いくかいかないくらいだった。負けてあの数字だったから、勝っていたらどうだなったんだろうって、(翌日の)朝、我々の中で話していた」と明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16396263/

    2019年4月30日 21時43分 スポーツ報知

    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jfootball/2013/assets_c/2013/10/1015doha-thumb-500x335-57892.jpg
    https://image.middle-edge.jp/medium/849e3863-584a-427c-90a0-fc77ba5aa125.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/D4_ovlMUUAA9aTh.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/CZqBVMPUsAA0EAc.jpg

    https://www.youtube.com/watch?v=hdr2nrAsJXI


    1993.10.28 【ドーハの悲劇】〔ノーカット〕

    前スレ                 2019/04/30(火) 22:06
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556629607/

    引用元: ・http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556638301/

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    008
    1: Egg ★ 2019/04/30(火) 20:11:12.20 ID:CXzcP9mp9
    サッカー日本代表が初のワールドカップ(W杯)出場を決めた“ジョホールバルの歓喜”W杯フランス大会アジア最終予選・日本―イラン戦が30日、NHK―BS1で「もう一度見たい!平成のスポーツ中継」として放送された。
    この試合の解説は松木安太郎氏(61)が務めたが、現在とは違う解説スタイルがネット上で話題となっている。

    1997年(平成9)11月16日、中立地マレーシアのジョホールバルで行われた日本サッカーの歴史が動いた一戦。
    日本時間午後10時にキックオフされた試合は、フジテレビのほかNHK―BS1でも中継され、同局では山本浩アナウンサーが実況、解説は松木氏が担当した。

    現在では、サポーターや視聴者の思いを代弁する感情豊かな応援解説で知られ、「ふざけたロスタイム」「なんなんすか、これ」など“松木節”を生み出している同氏。
    しかし39歳だった当時の解説を聞くといたって冷静。前半39分にFW中山雅史が先制ゴールを決めると、「よし!いいですよ~。いいゴールでしたね」とやや控えめに喜び。
    1点を追う後半31分、途中出場のFW城彰二のヘディングゴールで試合を振り出しに戻すと「よし!!いいヘディングですよ。いいゴールでしたね」。絶叫することもなく、テンションは落ち着いていた。

    試合は2―2でゴールデンゴール方式の延長戦に突入し、途中出場の“野人”FW岡野雅行が延長後半13分、MF中田英寿のシュートのこぼれ球をスライディングしながら右足で押し込んで決勝点。
    W杯切符をつかみ取った岡田武史監督、選手、スタッフらがピッチに飛び出して岡野を祝福する中、松木氏は「よし!いった!!よし!!!」とついに感情を爆発。それでも現在の同氏からはややおとなしい印象を受けた。

     ネット上では20年以上前の松木氏の解説スタイルに驚きと戸惑いの声が続出。「めちゃくちゃ冷静」「今より全然おとなしい」「普通に解説してるから分からなかった」
    「今の民放解説が想像できないぐらい淡々と話してる」「居酒屋モードじゃない真面目な解説をする当時の松木安太郎氏」という驚きのほか、「その後何があって今のようになったのだろうか…」と変身の理由に思いをはせる声も見られた。

    4/30(火) 19:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000174-spnannex-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190430-00000174-spnannex-000-view.jpg

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556622672/

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    28: U-名無しさん (スプッッ Sdda-XlEF [1.75.245.12]) 2019/04/28(日) 22:30:18.55 ID:NLc07Ls+d
    意地でも出し続けるつもりかな

    サンペール出場時
    ●0-1清水
    ●2-3G大阪
    ●1-2松本
    ●2-4広島
    ●0-1浦和
    ●0-2川崎

    サンペール不出場時
    ●0-1C大阪
    ○1-0鳥栖
    △2-2名古屋
    ○3-1仙台
    △0-0C大阪
    ○1-0清水
    ○2-0G大阪
    ○2-0大分
    △0-0広島
    ●0-1C大阪
    ○1-0川崎

    引用元: ・http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/soccer/1556456025/

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ