サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    海外サッカー

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/30(金) 20:58:09.12 ID:SNqYlFkl9
    2019-20シーズンのヨーロッパリーグ(EL)グループステージ組み合わせ抽選会が30日に開催された。

    昨シーズンはアーセナルとの同国対決を制したチェルシーの優勝で幕を閉じたEL。今シーズンは、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、セビージャ、ローマなどの強豪クラブが参加する。また日本人も、ポルトMF中島翔哉、CSKAモスクワFW西村拓真、PSVのMF堂安律、ヘントFW久保裕也、フランクフルトMF長谷部誠とFW鎌田大地、パルチザンFW浅野拓磨、AZのDF菅原由勢と8選手が参戦する。

    グループ分け、注目はグループFで長谷部と鎌田所属のフランクフルトがアーセナルと同居。スタンダール・リエージュ、ヴィトーリア・ギマランエスと決勝トーナメント行きを争う。また、グループLでは菅原所属のAZと浅野所属のパルチザンがマンチェスター・Uと同組となっている。

    ELグループステージ第1節は、9月19日に開催。決勝は、来年5月27日にポーランドのスタディオン・エネルガ・グダニスクで行われる。

    ELグループステージの組み合わせは以下のとおり。

    【グループA】
    セビージャ(スペイン)
    アポエル(キプロス)
    カラバフ(アゼルバイジャン)
    デュドランジュ(ルクセンブルク)

    【グループB】
    ディナモ・キエフ(ウクライナ)
    コペンハーゲン(デンマーク)
    マルメ(スウェーデン)
    ルガーノ(スイス)

    【グループC】
    バーゼル(スイス)
    クラスノダール(ロシア)
    ヘタフェ(スペイン)
    トラブゾンシュポル(トルコ)

    【グループD】
    スポルティング・リスボン(ポルトガル)
    PSV(オランダ)
    ローゼンボリ(ノルウェー)
    LASKリンツ(オーストリア)

    【グループE】
    ラツィオ(イタリア)
    セルティック(スコットランド)
    レンヌ(フランス)
    CFRクルージュ(ルーマニア)

    【グループF】
    アーセナル(イングランド)
    フランクフルト(ドイツ)
    スタンダール・リエージュ(ベルギー)
    ヴィトーリア・ギマランエス(ポルトガル)

    【グループG】
    ポルト(ポルトガル)
    ヤングボーイズ(スイス)
    フェイエノールト(オランダ)
    レンジャーズ(スコットランド)

    【グループH】
    CSKAモスクワ(ロシア)
    ルドゴレツ(ブルガリア)
    エスパニョール(スペイン)
    フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)

    【グループI】
    ヴォルフスブルク(ドイツ)
    ヘント(ベルギー)
    サンテティエンヌ(フランス)
    オレクサンドリア(ウクライナ)

    【グループJ】
    ローマ(イタリア)
    ボルシアMG(ドイツ)
    イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)
    ヴォルフスベルク(オーストリア)

    【グループK】
    ベシクタシュ(トルコ)
    ブラガ(ポルトガル)
    ウォルヴァーハンプトン(イングランド)
    スロバン・ブラチスラバ(スロバキア)

    【グループL】
    マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
    アスタナ(カザフスタン)
    パルチザン(セルビア)
    AZ(オランダ)
    258744

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010040-goal-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/29(木) 11:04:03.34 ID:dCuhjIr39
    8/29(木) 10:20配信
    レアルGKナバスがPSG移籍へ 代役として仏代表GKとトレード移籍を交渉中

    ナバスがPSG移籍で合意報道、GKアレオラとトレードか

     レアル・マドリードはコロンビア代表GKケイラー・ナバスの移籍でパリ・サンジェルマン(PSG)と合意に達したようだ。そして、代役としてフランス代表GKアルフォンス・アレオラの獲得を交渉中だとスペイン紙「AS」が報じている。


     2014年からレアルでプレーするナバスはこれまでにUEFAのチャンピオンズリーグ優勝3度に貢献してきた。しかし、昨夏にベルギー代表GKティボー・クルトワが加入したことにより第2GKに降格。出場機会を求めて移籍の可能性が浮上していた。

     コスタリカの地元紙「La Nacion」では現地時間28日付で、レアルとPSGがナバスの移籍で合意し、すでにジネディーヌ・ジダン監督に別れを告げたと報じられていた。AS紙もこれを認めた。

     レアルはGKのバックアッパーだったウルグアイ代表GKアンドリー・ルニン(→バジャドリー)と元U-20フランス代表GKルカ・ジダン(→ラシン・サンタンデール)を今夏にレンタル移籍させている。ナバスも放出となれば選手層に不安が浮き彫りとなるなかで、PSGとアレオラを含めたトレードを交渉中だという。

     アレオラは2015-16シーズンにビジャレアルに期限付き移籍してスペインでのプレーも経験済みだ。ASも「マドリードのファンはケイラーがチャンピオンズリーグ3度の優勝に貢献したことを忘れはしないが、これは非常に賢明な移籍になるだろう」と、アレオラとナバスのトレードは理にかなったものだと指摘している。

     フランス代表MFポール・ポグバやブラジル代表FWネイマールなど攻撃陣のビッグネーム獲得の噂に注目が集まるなかで、ナバスの移籍交渉がまもなく完了となるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190829-00213643-soccermzw-socc
    no title

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/30(金) 12:55:26.16 ID:SNqYlFkl9
    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ組み合わせ抽選会が29日にモナコで行われ、同日にUEFA年間最優秀選手賞も発表された。

     受賞を果たしたのはリバプールのDFフィルヒル・ファン・ダイク。昨季にリバプールの14年ぶりとなる欧州CL制覇に貢献し、オランダ代表では優勝こそ逃したが、キャプテンとしてUEFAネーションズリーグ決勝進出の立役者となった。

     一方で、最終候補者3名にノミネートされていたユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのFWリオネル・メッシは昨年に続いて受賞を逃す形に。だが、この式典での2人のやり取りが会場を大きく盛り上げた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

     受賞者の発表前、インタビュアーが候補者3人にさまざまな質問を行った。その中でメッシが「C・ロナウドが恋しいですか?」と聞かれると、「僕たちのスペインでライバル関係は本当に美しかった」と返答。隣のC・ロナウドも「僕たちは15年間、この最高のステージを共有してきた。レオとの試合が恋しいよ。僕たちは素晴らしいライバル関係を持っている」と同調した。

     そして冗談まじりに「まだ夕食をともにしたことはないけどね(笑)。それが将来実現することを願っているよ」と付け加えると、会場は笑いと拍手で大盛り上がり。軽妙なトークで沸かせたC・ロナウドは「2、3年後もここにいることを願っている。このライバル関係を可能な限り長く続けたいね」と語った。
    20190830-43471040-gekisaka-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-43471040-gekisaka-socc

    動画instagram
    https://www.instagram.com/p/B1weQWiDeuC/


    関連まとめ
    【これは妥当】UEFA欧州最優秀選手賞、リバプールのファン・ダイクに決定!!!


    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    3: 名無しのサッカー小僧 2019/08/30(金) 02:18:30.23 ID:vOhMQPUD0
    リヴァプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが2018-19シーズンのUEFA(欧州サッカー連盟)欧州最優秀選手賞に輝いた。ファン・ダイクは初受賞。2011年の現行体制となってからDFの受賞は初となる。

    2018年1月にサウサンプトンからリヴァプール入りしたファン・ダイクは昨シーズン、同クラブの14年ぶり欧州制覇に貢献。プレミアリーグでも、マンチェスター・シティに一歩及ばなかったが、2位に入ったチームの守備の要として活躍した。

    スポーツジャーナリストの投票によって決定されるUEFA最優秀選手賞の最終候補には、バルセロナでリーグ2連覇などに貢献したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、ポルトガル代表としてUEFAネーションズリーグ優勝を経験し、ユヴェントスでセリエAの8連覇に貢献したC・ロナウドが残っていた。

    そのほか、2019-20シーズンの各ポジションの最優秀選手賞も発表。GKはリヴァプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカー、DFはファン・ダイク、MFは今夏にアヤックスからバルセロナに移籍したオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、FWはメッシがそれぞれ選出されている。また、UEFA女子最優秀選手賞には、リヨンで女子CLを制したイングランド代表DFルーシー・ブロンズが選ばれている。

    【過去のUEFA欧州最優秀選手賞】※所属は受賞当時
    2010-11シーズン:リオネル・メッシ(バルセロナ)
    2011-12シーズン:アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
    2012-13シーズン:フランク・リベリ(バイエルン・ミュンヘン)
    2013-14シーズン:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
    2014-15シーズン:リオネル・メッシ(バルセロナ)
    2015-16シーズン:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
    2016-17シーズン:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
    2017-18シーズン:ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)
    2018-19シーズン:ヴィルヒル・ファン・ダイク(リヴァプール)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010001-goal-socc.view-000

    pcimage (1)

    ダイクおめ

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/30(金) 02:06:03.78 ID:SNqYlFkl9
    2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ組み合わせ抽選会が29日に開催された。

    昨シーズンはトッテナムとの同国対決を制したリヴァプールが14年ぶりの欧州王者に輝いたCL。そのリヴァプールはグループEで、南野拓実と奥川雅也の所属するザルツブルク、伊東純也が所属するヘンク、イタリアの強豪ナポリらとの対戦が決まった。

    また、歴代最多13度の優勝を誇るレアル・マドリーは、フランス王者のパリ・サンジェルマン、クラブ・ブルッヘ、長友佑都が所属するガラタサライと同組に。リーガ王者のバルセロナとドルトムント、インテル、スラヴィア・プラハが同居したグループDは非常にタフな組み合わせとなっている。

    CLグループステージ第1節は、9月17日と18日に開催。決勝は、2020年5月30日にトルコのアタテュルク・オリンピヤト・スタドゥで行われる。CLグループステージ組み合わせは以下のとおり。

    【グループA】
    パリ・サンジェルマン(フランス)
    レアル・マドリー(スペイン)
    クラブ・ブルッヘ(ベルギー)
    ガラタサライ(トルコ)

    【グループB】
    バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
    トッテナム(イングランド)
    オリンピアコス(ギリシャ)
    ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)

    【グループC】
    マンチェスター・シティ(イングランド)
    シャフタール(ウクライナ)
    ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
    アタランタ(イタリア)

    【グループD】
    ユヴェントス(イタリア)
    アトレティコ・マドリー(スペイン)
    レヴァークーゼン(ドイツ)
    ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

    【グループE】
    リヴァプール(イングランド)
    ナポリ(イタリア)
    ザルツブルク(オーストリア)
    ヘンク(ベルギー)

    【グループF】
    バルセロナ(スペイン)
    ドルトムント(ドイツ)
    インテル(イタリア)
    スラヴィア・プラハ(チェコ)

    【グループG】
    ゼニト(ロシア)
    ベンフィカ(ポルトガル)
    リヨン(フランス)
    ライプツィヒ(ドイツ)

    【グループH】
    チェルシー(イングランド)
    アヤックス(オランダ)
    バレンシア(スペイン)
    リール(フランス)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00010000-goal-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/29(木) 18:37:45.49 ID:N0cq5dbA9
    元バルサのリバウド氏「世界1位はメッシ、2位はC・ロナウド、3位は…」
    ゲキサカ 8/29(木) 17:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-43471016-gekisaka-socc

     元ブラジル代表のリバウド氏が世界トップ選手や同胞のFWネイマールについて語った。スペイン『アス』が伝えている。

     過去にバルセロナなどで活躍し、ブラジル代表では2002年の日韓W杯制覇を経験。
    1999年にバロンドールも受賞したリバウド氏はスペインのラジオ局『カデナ・セール』の番組
    『エル・ラルゲーロ』に出演し、世界最高の選手に関して次のように語った。

    「今のところメッシだ。クリスティアーノ・ロナウドは2位だろう。3位は考えていなかった。ネイマールは3位にはならない。
    もし彼がスペインサッカーに戻るなら、次のシーズンは3番目以内に入り、トップにもなるかもしれない」

     2017年8月にバルセロナからパリSGに移籍したネイマールは現在、古巣復帰に向けて交渉中と報じられている。

     リバウド氏は「彼が(バルセロナを)去ったのは間違いだったと思う」と指摘する一方、
    「私は彼には戻ってきてほしい。ネイマールがいればUEFAチャンピオンズリーグのためにより強くなれる。
    私たちは彼が間違いを犯したと知っているが、彼がゴールを決めたらすぐに忘れることができるだろう」と古巣復帰を歓迎した。

     ネイマールが加入すればメッシ、FWルイス・スアレス、FWアントワーヌ・グリエーズマンと各国のエース級が4枚揃うことになる。
    リバウド氏は「誰もが最高のものを好む。バルセロナにとって素晴らしいことだ」と豪華攻撃陣の共演に心を躍らせた。

    ◇ 現役時代にバルセロナで活躍したリバウド氏(Getty Images)
    no title

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ