サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    海外サッカー

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/29(木) 11:26:40.58 ID:dJR6I/F19
     チャンピオンズリーグ(CL)は28日、プレーオフの全日程が終了し、本戦のグループステージに出場する32チームが決まった。

     昨シーズンのチャンピオンズリーグ王者リヴァプールやヨーロッパリーグ(EL)王者チェルシーなどはストレートイン。昨シーズン4強の快進撃を見せたアヤックスは予選3回戦から勝ち抜いて、2シーズン連続の本戦出場を決めた。

     日本人選手所属クラブは現時点で、FW南野拓実とFW奥川雅也が所属するザルツブルク、MF伊東純也が所属するヘンク、DF長友佑都が所属するガラタサライの3チームがグループステージから登場。FW中島翔哉が所属するポルトは、予選3回戦で敗れて9シーズンぶりにCL本戦出場を逃した。

     グループステージの組み合わせ抽選会は、29日(日本時間25時)に行われる。

    ■グループステージの32チーム(カッコ内は、国/昨シーズン成績)
    ▼ポット1
    リヴァプール(イングランド/CL王者)
    チェルシー(イングランド/EL王者)
    バルセロナ(スペイン/リーグ王者)
    マンチェスター・C(イングランド/リーグ王者)
    ユヴェントス(イタリア/リーグ王者)
    バイエルン(ドイツ/リーグ王者)
    パリ・サンジェルマン(フランス/リーグ王者)
    ゼニト(ロシア/リーグ王者)

    ▼ポット2
    レアル・マドリード(スペイン/リーグ3位)
    アトレティコ・マドリード(スペイン/リーグ2位)
    ドルトムント(ドイツ/リーグ2位)
    ナポリ(イタリア/リーグ2位)
    シャフタール・ドネツク(ウクライナ/リーグ王者)
    トッテナム(イングランド/リーグ4位)
    アヤックス(オランダ/リーグ王者)※予選3回戦から突破
    ベンフィカ(ポルトガル/リーグ王者)

    ▼ポット3
    リヨン(フランス/リーグ3位)
    レヴァークーゼン(ドイツ/リーグ4位)
    ザルツブルク(オーストリア/リーグ王者)
    オリンピアコス(ギリシャ/リーグ2位)※予選2回戦から突破
    クラブ・ブルージュ(ベルギー/リーグ2位)※予選3回戦から突破
    バレンシア(スペイン/リーグ4位)
    インテル(イタリア/リーグ4位)
    ディナモ・ザグレブ(クロアチア/リーグ王者)※予選2回戦から突破

    ▼ポット4
    ロコモティフ・モスクワ(ロシア/リーグ2位)
    ヘンク(ベルギー/リーグ王者)
    ガラタサライ(トルコ/リーグ王者)
    ライプツィヒ(ドイツ/リーグ3位)
    スラビア・プラハ(チェコ/リーグ王者)※予選プレーオフから突破
    ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア/リーグ王者)※予選1回戦から突破
    アタランタ(イタリア/リーグ3位)
    リール(フランス/リーグ2位)

    ■グループステージの日程
    ▼第1節
    9月17、18日

    ▼第2節
    10月1、2日

    ▼第3節
    10月22、23日

    ▼第4節
    11月5、6日

    ▼第5節
    11月26、27日

    ▼第6節
    12月10、11日
    20190829-00973795-soccerk-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00973795-soccerk-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/28(水) 00:22:58.40 ID:6by97Z8ba
    FW
    メッシ(史上最高)
    スアレス(ウルグアイのエース)
    グリーズマン(フランスのエース)
    ネイマール(ブラジルのエース) 未定
    デンベレ(足が速い)
    MF
    ブスケツ(世界最高のボランチ)
    ラキティッチ(最高の黒子)
    ビダル(チリのファイター)
    アルトゥール(シャビⅡ世)
    デヨング(オランダの星)
    セルジロベルト(どこでも使える)
    DF
    ウンティティ(鉄壁)
    ラングレ(インテリ)
    ピケ(読みとフィードがすごい)
    アルバ(すごいときはすごい)
    セメド(対人がすごい)
    GK
    テアシュテーゲン (GKトップ3)

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/28(水) 14:20:11.01 ID:Jdq1+WGT9
    8/28(水) 14:16 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00000061-dal-ent

     大のサッカーファンを公言している歌手の小柳ルミ子が28日、ブログを更新し、世界的サッカー選手のネイマールが、スペインのバルセロナに移籍するのでは?という一部報道に「私は戻ってきて欲しくない」と持論を展開した。

     小柳は「ネイマールがバルサに戻るのではないかと連日、まことしやかに報道されている」と切り出し、「14/15シーズン CL優勝のMSN(メッシ スアレス ネイマール)そりゃあ世界位置の3トップだったし、その夢をもう一度…はわかる」と、かつてネイマールがいた頃のバルサの強さを振り返った。

     だが「私はネイマールに戻って来てほしくはない」とピシャリ。その理由について「ジョルディアルバ→メッシのホットラインもなくなるだろうし、グリーズマンの大型補強もしたじゃないか。カルラスペレスも成長しそうだし、ラフィーニャも好調だ」とチーム事情を説明。

     だがそれ以上にネイマールは「チームの輪を乱す」と言い切った。「感情にムラがあり過ぎて直ぐにキレ、チームメイトに迷惑をかける」「あれ程の才能があるのに人としての振る舞いが欠落している」と厳しい指摘。更にバルサ時代に「メッシの隣で仕事をしている間、何を学んだんだ」と、小柳が“神”と崇めるメッシからの影響が感じられないことも不満のようだ。

     「サッカー選手である前に社会人なんだ!」とも訴え、ネイマールの移籍に最後まで反対していた。

    messi-3


    関連まとめ
    【金ねンだわ】金欠バルセロナ、今度はレンタル移籍でネイマール獲得を打診www

    この記事の続きを読む

    コメント( 1 )
    15: 名無しのサッカー小僧 2019/08/28(水) 00:44:45.89 ID:wmi6y3jH0
    欧州サッカー移籍市場に精通した関係者は27日、中央日報との電話通話で"イ・スンウが欧州リーグ移籍期間末にベルギーのプロ1部リーグのクラブシントトラ位ドンヘンに合意した」とし、
    「完全移籍で契約期間はオプションを含む3年(2 + 1年)である。エースを象徴する背番号10番を保証された」と述べた。
    移籍金は球団と選手の合意に基づいて公開しなかったが、600万ユーロ(81億ウォン)水準と推定される。

    「イ・スンウを連れや看板スターで育てる」は計画を実行するためにシント=トロイデンは財布を大きく開いた。
    ヴェローナで60万ユーロ(8億ウォン・税引き後)のレベルだったイ・スンウの年俸を80万ユーロ(10億8000万ウォン・税引き後)に上げた。
    1924年に創立して、100年に迫る球団履歴をひっくるめて最高額である。ここに出場手当、得点手当、欧州クラブ大会進出手当など、さまざまなオプションが付いてつく。家と車も別途提供する。

    シント=トロイデンは成長の可能性の高い有望株を迎え入れて水準級選手として育てた後、高い身代金を受けて売る」、ベルギーサッカー界の巨像」である。
    先月、日本代表DF鯛安岳ヒロ(21)をボローニャ(イタリア)に送り移籍金700万ユーロ(94億ウォン)、オプション満たす最大1000万ユーロ(135億ウォン)を稼ぎ、話題の中心に立った。
    鯛ヤスを迎え入れるときに元所属チームアビスパ福岡(日本)に支払った移籍金は100万ユーロ(14億ウォン)であった。
    https://m.sports.naver.com/wfootball/news/read.nhn?oid=025&aid=0002932899


    これマジ?
    セリエB27試合1ゴールに移籍金600万ユーロ(約7億円)とか立石サポーターから56されるんじゃねえの?

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/27(火) 23:55:56.13 ID:vdDkiPFe9
     国際サッカー連盟(FIFA)が将来的に、副審の廃止を検討しているようだ。26日、イギリス紙『ミラー』が報じている。

     今シーズンからプレミアリーグにも導入され、広く普及し始めたVAR。これで、欧州5大リーグすべてで導入され、ジャンニ・インファンティーノ会長が導入を支持していることから、今後も多くのコンペティションで採用されると見られている。

     そこでFIFAは、ビデオ判定の担当する範囲をより広げるため、新たな調査部門を設置し、研究を始めたようだ。

     また、同紙によると、FIFAは将来的に副審を廃止し、カメラとコンピューターに置き換えることを検討しているという。これにより、より正確なジャッジを下せると考えている模様だ。

     ファン・サポーターだけでなく、選手や監督など、フットボール界全体を巻き込み議論を呼ぶVAR。今後テクノロジーとどのようにミックスし進んでいくのだろうか。
    ai_kenka

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00973221-soccerk-socc

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ