サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    海外サッカー

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/27(火) 06:21:38.24 ID:xU012UvP9
    9月2日の移籍期限に左右されないとしても…

     先週末にイタリア・セリエAが開幕し、欧州全土が新シーズンのフットボール熱に沸き返っている。9月2日にはほとんどの国で移籍市場がクローズされ、いよいよ各チームの陣容が定まるタイミングだ。

     そんななか、いまだ新天地が決まっていない大物プレーヤーが少なくない。2018-19シーズンいっぱい(6月末日)で所属クラブとの契約が満了となった、いわゆる“移籍金ゼロ”組で、例年になくお馴染みの名手たちが名を連ねているのだ。

     日本人選手で気になるのはやはり、本田圭佑の行き先だろう。1年間プレーしたメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)を退団し、現在はフリーの身。古巣VVVフェンロ(オランダ)の施設でトレーニングに励み、コンディション維持に努めているが、いまだ朗報は届いていないようだ。さらにJリーグ復帰も噂された日本代表MF小林祐希も、ヘーレンフェーン(オランダ)退団後の新天地が現時点で発表されていない。

     ほかにも元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオや、アテム・ベン・アルファ、ヨアン・キャバイエ、ヨアン・グルキュフら元フランス代表MFトリオに、元ポルトガル代表DFファビオ・コエントラン、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ、元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ、元コロンビア代表MFフレディ・グアリンなど実力と実績を兼備する30代が居並ぶ。

     無所属選手は移籍期限に左右されず、クラブは自由に契約することができる。とはいえ、9月2日を経てシーズンを戦うスカッドが固まってしまえば、なかなか食い込むのは難しいか。やはりこれからの1週間が勝負となるだろう。

     以下が、8月26日時点でフリートランスファーの主なプレーヤーたちだ(右端の数値は推定市場価格)。

    アテム・ベン・アルファ(元フランス代表/32歳) 600万ユーロ
    マルケル・スサエタ(元スペイン代表/31歳) 600万ユーロ
    ウィルフリード・ボリ(コートジボワール代表/30歳) 550万ユーロ
    フレディ・グアリン(元コロンビア代表/33歳) 450万ユーロ
    ラザル・マルコビッチ(セルビア代表/25歳) 400万ユーロ
    フェルナンド・ジョレンテ(元スペイン代表/34歳) 350万ユーロ
    本田圭佑(元日本代表/33歳) 350万ユーロ
    ジョー・レドリー(ウェールズ代表/32歳) 300万ユーロ
    クラウディオ・マルキージオ(元イタリア代表/33歳) 300万ユーロ
    ファビオ・コエントラン(元ポルトガル代表/31歳) 250万ユーロ
    ヨアン・キャバイエ(元フランス代表/33歳) 200万ユーロ
    ヨアン・グルキュフ(元フランス代表/33歳) 200万ユーロ
    小林祐希(日本代表/27歳) 175万ユーロ
    ルイス・ホルトビー(元ドイツ代表/28歳) 150万ユーロ
    マイル・ジェディナク(元オーストラリア代表/35歳) 150万ユーロ
    セイドゥ・ドゥンビア(元コートジボワール代表/31歳) 150万ユーロ
    アリ・アル=ハブシ(オマーン代表/37歳) 110万ユーロ
    オバフェミ・マルティンス(元ナイジェリア代表/34歳) 100万ユーロ
    ダレン・フレッチャー(元スコットランド代表/35歳) 100万ユーロ
    ジュゼッペ・ロッシ(元イタリア代表/32歳) 100万ユーロ

    ※年齢と推定市場価格は2019年8月26日時点。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    20190827-00010000-sdigestw-000-view

    8/27(火) 5:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00010000-sdigestw-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/27(火) 10:42:38.07 ID:vdDkiPFe9
    バロンドールの有力候補にも挙がったスナイデル、今月12日に現役引退を発表

     元オランダ代表MFウェズレイ・スナイデルは現地時間12日、現役引退を発表した。レアル・マドリードやインテルで活躍し、バロンドールの有力候補に挙がったこともあるスターは惜しまれつつ引退となったが、約2週間での“激太り”に注目が集まっている。

    スナイデルは母国オランダの名門アヤックスの下部組織で育ち、2002年にプロデビュー。03年に代表デビューを飾ると、07年にはレアルに加入してリーグ制覇も経験した。その後インテルへと移り、09-10シーズンには中心選手としてセリエA、コパ・イタリア、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の3冠を達成。オランダ代表としては10年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で母国を準優勝に導いている。

     昨季からはカタール1部アル・ガラファでプレーしていたスナイデルは、12日に現役引退を決断。故郷ユトレヒトのFCユトレヒト・ビジネス部門と契約したことも合わせて発表されていたが、それから約2週間が経過して公の場に姿を表したスナイデルの体型が話題を呼んでいる。

     米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターは「引退からわずか2週間後のウェズレイ・スナイデル。人生を満喫中」と綴って動画を公開。ユトレヒト対VVVフェンロ(1-2)の試合を視察しに訪れたスナイデルは“ふくよか”な体型に変化しており、かなりサイズのキツそうなシャツとジーンズを身にまとっていた。

     英メディア「GIVE ME SPORT」は「デイビッド・ベッカムは引退から6年が経っても抜群のシェイプを維持している。クリスティアーノ・ロナウドが引退したとしても、同様だろう。そういった選手以外は自分に少し自由を与えるが、当然ではないか?」と前置きし、「スナイデルは疑問の余地なく後者だ」と言及。「引退発表からわずか2週間…2週間だ! 信じられない」と衝撃を表現している。

     アスリートたちは現役時代、食事や生活習慣に細かく気を遣い、競技のために節制しなければならない。スナイデルのように引退後に“反動”が訪れてしまうのも、仕方のないことなのかもしれない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190826-00213119-soccermzw-socc

    動画
    https://twitter.com/ESPNFC/status/1165670170565603328?


    画像
    https://qoly.jp/control/files/94edbe17-71b8-f040-a306-a99094b4b0d9.view


    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    402: 名無しのサッカー小僧 2019/08/26(月) 15:57:48.63 ID:i8D6ZclG
    今ミーティングで、今日の試合。勝ってはいけない。負けろと指示が
    出ました。人生で初めてです。困惑してます。どうやってプレーしたら
    いいのか。これも経験なのか。
    https://twitter.com/N_Akira0810/status/1165527595602956289?s=19




    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/25(日) 23:32:38.38 ID:Ywb5zSHz0
    ペナルティエリア内で足を踏まれてもPKじゃない模様


    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/25(日) 06:50:58.09 ID:RNU8WywRp
    img_cd1b7dc500cd8954676713dfd2ccb86724464


    ブンデス

    デブライネ(実質ブンデス)、ギュンドアン、エジル、クロース、デンベレ、フィルミーノ、オバメヤン、ムヒタリアン、マティプ、ソクラティス、サネ、ソンフンミン、テアシュテーゲン、レノ、ジャカ、コラシナツ、ペリシッチ、ドウグラスコスタ


    セリエ

    サラー(実質セリエ)、アリソン



    ��

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    10: 名無しのサッカー小僧 2019/08/25(日) 12:41:49.95 ID:s0X8itOD0
    page-7-800x533


    ヨーロッパのクラブ強いランキグン

    1位 バルセロナ����
    2位 マンチェスターシティ��������������
    3位 リバプール��������������
    4位 レアルマドリー����
    5位 パリ・サンジェルマン����
    6位 ユベントス����
    7位 トッテナム��������������
    8位 チェルシー��������������
    9位 アーセナル��������������
    10位 マンチェスターユナイテッド��������������
    11位 アトレティコマドリー����
    12位 ナポリ����
    13位 リヨン����
    14位 ポルト����
    15位 ミラン����

    イングランドばかりで草生える

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ