サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    中島翔哉

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/20(火) 09:38:06.67 ID:daGIsAvc9
    シーズン開幕から2試合連続で出番がなかった中島だが、チャンピオンズリーグ予選3次ラウンド・セカンドレグにフル出場してポルトデビュー。そして17日に行われたリーガNOS第2節ヴィトリア・セトゥバルで、67分から途中出場。ポルトでのリーグ戦デビューを果たし、得意のドリブルや華麗なパスで本拠地のファンを沸かせている。

    『O jogo』によると、この一戦には日本代表の森保一監督も視察に訪れていたようだ。9月のインターナショナル・マッチウィークを前に、ポルトガルへ復帰した24歳MFの活躍をチェックしていたという。

    また同メディアによると、中島は試合翌日の18日朝にポルトから離脱。子供の出産に立ち会うために、一時日本へ帰国することが許可されたという。ポルトガル到着は21日に予定されているため、20日のトレーニングは欠席となるようだ。

    1万キロ以上を移動することになる中島。24日には、今季最初のベンフィカとの“オ・クラシコ”が控えているが、同メディアは「ナカジマが予定通り到着すれば、ダービー前に3つのトレーニングセッションをこなすことになる。だが、これはベンフィカ戦でのポジションを犠牲にする可能性もある。セトゥバル戦ではベンチに座り、ロマーリオ・バロ(19歳)が昇格していたことを思い出す必要がある」とし、長距離移動によるコンディションの懸念を指摘している。

    8/20(火) 7:07配信goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00010004-goal-socc

    写真
    no title

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    569: 名無しのサッカー小僧 2019/08/18(日) 04:51:20.70 ID:CjbNGAKt0
    [8.17 ポルトガル1部第2節 ポルト4-0ビトーリア・セトゥバル]

     MF中島翔哉の所属するポルトは17日、ビトーリア・セトゥバルと対戦し、4-0で勝利した。開幕戦を落としていたポルトは、今季初勝利。ベンチスタートだった中島は後半22分から途中出場して、ポルトでのリーグ戦デビューを飾っている。

     開幕戦で昇格組に敗れ、まさかの黒星発進となっていたポルトだが、2戦目は大勝を飾った。

     立役者となったのは今季よりスパルタク・モスクワからやってきた28歳FWゼ・ルイス。前半11分、20分と立て続けにゴールネットを揺らすと、後半18分にはハットトリックを達成。直後の同19分にはMFルイス・ディアスも得点して、勝利を決定づけた。

     13日の欧州CL予選3回戦のクラスノダール戦にフル出場して、ポルト加入後初出場を飾っていた中島は大量リードを奪ったあとの後半22分から出場。リーグ戦デビューを飾ると、得点に絡むことはなかったが、ミドルシュートを放つなど、積極的にプレーした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-43470637-gekisaka-socc

    20190818-43470637-gekisaka-000-view

    ポルト×ヴィトーリアセトゥバル
    中島ベンチ

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/14(水) 06:04:58.36 ID:vatxcqJE9
     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグ、ポルト対クラスノダールが現地時間7日に行われた。試合は日本代表FW中島翔哉が所属するポルトが2-3で敗れた。2試合合計で3-3となるもアウェイゴールの差で敗れた。

     この試合で中島はポルト移籍後初の先発出場を果たす。1stレグを1-0で勝利したポルトだが開始3分に失点をしてしまう。これで出鼻をくじかれたポルトは9分後にもカウンターからスレイマノフにゴールを許し主導権を奪われる。

     リズムに乗れないポルトは34分にもスレイマノフにこの日2得点目を決められ3点ビハインドで折り返す事になる。

     エンドが変わった57分、テレスのアシストからゼ・ルイスがゴールを決めポルトが1点返す。勝ち上がるためには得点が必要なポルトは攻撃を続けるも74分の中島のクロスはGKにキャッチされる。しかしその3分後にマルランダがミドルシュートをゴール右下に決め同点に追いつく。

     その後もポルトは得点を奪い攻撃を仕掛けるも、85分に打った中島のシュートはゴールを捉える事が出来ない。さらに終了間際にはパワープレーに出るもゴールネットを揺らす事は出来なかった。

     このまま試合は終了、ポルトはアウェイゴールの差で9季ぶりの本大会出場を逃した。

    【得点者】
    3分 0-1 デ・ヴィリェナ(クラスノダール)
    12分 0-2 スレイマノフ(クラスノダール)
    34分 0-3 スレイマノフ(クラスノダール)
    57分 1-3 ゼ・ルイス(ポルト)
    77分 2-3 マルランダ(ポルト)

    20190814-00334278-footballc-000-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00334278-footballc-socc
    8/14(水) 6:00配信
    フットボールチャンネル編集部

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/13(火) 18:29:38.62 ID:Q5KLNoA+9
    カタール1部アルドハイルからポルトガル1部の名門・ポルトに移籍加入した日本代表MF中島翔哉(24)が予想外の壁に直面している。

     7日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦第1戦、クラスノダール(ロシア)戦でのベンチ外に続き、10日に行われた国内リーグ開幕戦のジル・ビセンテ戦でもベンチ入りしながら、まさかの出番なし。日本代表だけでなく、クラブでも「背番号10」を託されたことを思えば不可解な状況だが、セルジオ・コンセイソン監督(44)の信頼を得るまでに至っていないのが現状だ。

     昨季リーグ2位のポルトは攻撃陣の主力が大量に流出。中でもアルジェリア代表FWヤシン・ブラヒミ(29)がカタール1部アルラーヤンに移籍した穴は大きく、代役の左サイドのアタッカー探しが急務だ。本来ならここに中島が入ることで解決されるはずだったが、クラブはコロンビア代表FWルイス・ディアス(22)も獲得。これで前線のレギュラー争いは激化した。

     指揮官はクラスノダール戦、ジル・ビセンテ戦で、中島より体格で勝る選手を積極的に起用。細かい動きや相手の裏をかくようなプレーが得意の中島にはチャンスがなかった。中島がポルティモネンセで活躍していた時のスタイルは国内では知られているだけに、ここまでの不遇な扱いに「だったら、なぜ中島を獲得したのか」といった論調も地元メディアから出始めている。

     チームは3部から特例で昇格したジル・ビセンテに1―2で敗れ、大金星を献上する不安な船出。中島の出番はいつ回ってくるのか。

    8/13(火) 16:40配信 東スポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000022-tospoweb-socc

    写真
    no title

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    26: 名無しのサッカー小僧 2019/08/11(日) 02:17:15.30 ID:z1EyuRVU0
    FC Porto @FCPorto
    Suplentes: Vana, Mbemba, Marega, Nakajima, Luis Diaz, Fabio Silva e Romario Baro


    FC Porto @FCPorto
    ?Onze inicial / Starting Eleven / Alineacion : Marchesin, Manafa, Pepe, Marcano, Alex Telles, Corona, Bruno Costa, Sergio Oliveira, Otavio, Soares e Ze Luis

    https://twitter.com/FCPorto/status/1160237706074611712

    27002967-fa93-b8d8-1735-079f9ccc045c


    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ