サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    中島翔哉

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/07/03(水) 20:52:10.72 ID:ea/N1cM89
    オシムがコパで驚き、賞賛した選手は?「日本は適切な進化の過程にいる」
    7/3(水) 17:01配信
    Number Web
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00839901-number-socc

    コパ・アメリカの3試合にすべてフル出場したDF冨安健洋。「ボールを扱えるし空中戦も強い」とオシムも期待を寄せる。 photograph by Getty Images
    no title


     イビチャ・オシムに日本対エクアドル戦の話を聞いたのは、試合の翌々日だった。初戦のチリ戦は見たが、日本が引き分けたウルグアイ戦は見ることができなかったオシムは、やはり引き分けに終わり準々決勝進出を逃したエクアドル戦を高く評価している。いったいオシムは、エクアドル戦に何を見たのか。コパ・アメリカでオシムが見出した日本の真実とは何であったのか。オシムが語った。

    16番は期待以上の優れた逸材だ。

     ――元気ですか? 

     「ああ、君はどうだ?」

     ――元気ですが、パリはすごく暑いです。

     「この季節に雪は降らないからな(笑)。女子の試合(ワールドカップ・ラウンド16の日本対オランダ戦。ちなみにオシムは日本対イングランド戦はテレビで見ている)は見られなかったが、男子の試合(日本対エクアドル戦)は見た。技術的には悪くなかった。チームが試合を重ねるごとに進化しているのはわかるし、見ていて楽しいチームでもある。しかしこういうプレーをしていたら常にミスがつきまとう。16番の選手は名前を何というのか?」

     ――冨安健洋です。若い選手です。

     「どこでプレーをしているのか?」

     ――シント・トロイデン、ベルギーのチームです。

     「10番(中島翔哉)はどこの所属だ?」

     ――カタールのクラブです。以前はポルトガルでしたが今はカタールです。

     「積極的に仕掛けていたのは良かったがボールを失い過ぎてもいた。仕掛けてはミスを繰り返し、ひとりでプレーしていた。そういう選手なのだろうと思うし、ゴールチャンスも作り出せるのだろうがひとりでは難しい。スピードと俊敏さに秀でているものの小柄で相手をかわし切れず、何度も単独で攻撃を繰り返しボールを失い続けた。

     後方は16番をはじめこれから伸びていきそうな選手が多かった。特に16番は体格に恵まれプレーをよく知っている。(日本人選手全般に)期待していた以上の優れた逸材だ。周囲との連携が申し分なく戦いにも強くボールをよく奪う。

     守備は全員が本当によくやっていた。前線の選手まで含めてしっかりと仕事をこなしていた。それだけで3~4歩の前進だ。もっとかも知れない。エクアドルはそれだけ手強い相手であるからだ。技術も体格もスピードもある。日本はそんな相手に勇気をもって対峙し、最後まで自分たちのプレーを貫こうとした。

     勝利に結びつかなかったのは、終盤に作った少なくとも2度のゴールチャンスを決められなかったからだ。ただそれを批判しても仕方がない。試合の内容はそこまで悪いわけではなく、むしろ良くやったと言えるからだ。特にフィジカル面で自分たちより優れている相手に対して、運動能力でもサッカーの面でも彼らは果敢にトライした。勇気をもって日本は戦いを挑んだ」
    以下ソース参照

    この記事の続きを読む

    コメント( 2 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/07/03(水) 13:00:03.35 ID:UQ5QbLdW0
    ポルトガル1部のポルトが、カタール1部のアル・ドゥハイルに所属する24歳の日本代表MF中島翔哉を獲得するため、再オファーを準備しているようだ。2日にポルトガルメディア『ア・ボラ』が報じている。

     クラブの公式チャンネルで事前合意が発表された中島。しかし、まだ交渉段階にあるようだ。同メディアによると、ポルトが提示した1200万ユーロ(約14億6000万円)でパスの半分を買い取るオファーは拒否されたという。
    だが、増額して再オファーする予定とのこと。

     中島はポルトガル1部のポルティモネンセで活躍した後、2019年2月に日本人史上最高額となる移籍金3500万ユーロ(約44億円)でアル・ドゥハイルに移籍。
    これまでカタールでプレーしていたが、再びポルトガルへ戻る可能性が浮上している。果たして、ポルト移籍は実現するのだろうか。
    2019012600013_1

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190703-00329172-footballc-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/07/01(月) 20:37:08.13 ID:LnPMo98v9
    中島が攻め残ったときの守備対応
     しかし、その問題が完全に解決されていたかといえば、そうではなかった。

     いくつかのシーンにおいて、次の試合に向けて守備戦術の修正を図らなければならない点が浮上している。それが、相手のカウンターアタックを受けたとき、あるいは縦に速い攻撃を受けたときの左サイドの守備対応だ。

     前半8分、13分、16分、18分に迎えたピンチは、ウルグアイの素早い縦攻撃から日本の左サイドを破られたシーンである。それぞれシチュエーションは異なるが、いずれのシーンにおいても、中島はディフェンスに戻れていない。

     とはいえ、中島を生かすには、常に守備を考えてポジショニングさせても意味はない。彼が持つ特別な能力を半減させるからだ。問題は、彼が戻れない場合の対応を、チーム戦術として整理できていない点にある。

     たとえばレアル・マドリードの場合、左サイドバックのマルセロが前線に攻め残ったときに左のスペースを突かれたら、左センターバックのセルヒオ・ラモスがスライドしてそのスペースを埋め、アンカーのカゼミーロが中央に落ちてセルヒオ・ラモスが空けたスペースを埋めるという守備方法で対応する。

     日本の場合、中島はマルセロより1列前のポジションなので、ダブルボランチが横にスライドし、逆サイドウイングが下がりながら内に絞る方法もある。重要なことは、チームとして中島が攻め残りしたときの守備対応を整理しておくことだ。これは、次のエクアドル戦に向けた重要な修正ポイントになる。

     試合運びについて大きな課題を残した点も見逃せない。

     初キャップの選手を含め、若く経験の少ない選手が多いゆえ、リードした直後に追いつかれてしまうことは仕方のない部分もある。それだけに、2-1とリードしたあと、ほぼ一方的に押し込まれてしまった60分以降の試合運びについては、指揮官のベンチワークの問題が問われて然るべきだ。

     2-2に追いつかれた66分のシーンを含め、終了までの約30分間は、いつウルグアイに逆転ゴールが生まれてもおかしくない戦況が続いた。それを最後まで耐え抜いたとしてポジティブに見るか、それとも危機感を持つかで、成長の速度は大きく変わる。当然、指揮官なら後者であるべきだ。

     もっとも、これは森保監督が今大会をどのような目的意識で臨んでいるかという根本的な話にもつながってくる。勝利と経験が4対6、もしくは3対7の割合であるとしたら、たしかにこの2試合のスタメン選びと試合中のベンチワークに頷ける部分もある。

     ただ、東京五輪本番に向けた実戦経験を求められるのは選手だけではない。国際経験の少ない森保監督もそれは同じなはずで、コパ・アメリカという真剣勝負の場で本番に向けた自分自身のテストをしなければ、再びアジアカップと同じようなぶっつけ本番の采配になってしまうことは火を見るより明らかだ。

     引き続き、森保監督の采配に注視する必要がありそうだ。
    20190701-00132331-roupeiro-000-2-view

    7/1(月) 11:30
    https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamaatsushi/20190701-00132331/

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    595: 名無しのサッカー小僧 2019/06/28(金) 00:14:34.15 ID:tDCebMjQM
    中島モナコって来てるけど、ポルトとどっちが本当なのか

    AS Monaco intrested in signing Japanese Left Winger Shoya Nakajima.
    He plays for Qatari club Al Duhail.His age is 24.
    Qatari club demanded 20 million euros if any clubs wants to sign him.He is also targeted by Portuguese club Porto.He is playing Copa America.

    (Tutto Mercato Web)

    https://twitter.com/asmonacoenglish/status/1144253391062884352?s=21

    D-E0ZNTXkAMUo_1

    管理人意訳:
    ASモナコは日本人左ウインガーの中島翔哉の獲得に興味。
    中島は24歳、現在はカタールのアル・ドゥハイルでプレーしている。
    クラブは移籍金として2000万ユーロを要求する方針。
    他にポルトガルのFCポルトも中島の獲得を目指している。

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    261: 名無しのサッカー小僧 2019/06/27(木) 12:34:05.46 ID:2/SgulRQM
    columnsv3_99999x99999_254_1553870207


    中島翔哉のポルトガル復帰が濃厚に…強豪ポルトとの事前合意を現地一斉報道
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-43468705-gekisaka-socc

    この記事の続きを読む

    コメント( 1 )
    748: 名無しのサッカー小僧 2019/06/27(木) 06:46:41.29 ID:r/L9eIoE0
    2019012600013_1

    中島翔哉がFCポルトへローン移籍。ポルトガル紙が報道している。カタールのチームとpre-dealってことだからまだ正式には決まってないみたいだけど。既出かもしれないけど、冨安はボローニャへ700万ユーロ。



    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/06/25(火) 10:12:39.67 ID:ZjAXYp/F9
    日本代表MF中島翔哉はコパ・アメリカのグループステージ敗退に悔しさをにじませた。試合後のフラッシュインタビューで語っている。

    日本は24日、コパ・アメリカグループステージ第3節でエクアドルと対戦。決勝トーナメント進出のために勝利が必要となったが、1-1のドローに終わった。中島は「勝てば予選を突破できたので、最後にはチャンスもありましたし、決められなくて悔しいです」と振り返った。

    さらに、コパ・アメリカ全体の総括として「もちろん、すごく勉強になりましたし、この経験を必ず活かさないといけないです。突破するチャンスはあったけど、生かせなくて残念です」と話した。

    日本に足りなかった点としては「すべての面で成長しなければいけない。これっていう一つではないかなと思います」とした。

    GOAL6/25(火) 10:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00010018-goal-socc

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ