サッカー小僧まとめブログ

ネット掲示板のサッカー関連スレッドまとめを中心として、国内国外問わずサッカー関連の話題をまとめていきます。 少しずつ戦術分析・解説も始めました。

    プレミア

    コメント( 0 )
    855: 名無しのサッカー小僧 2019/08/17(土) 15:47:18.26 ID:24cd/3mg0
    “自称”サポーターの振る舞いに激怒

     ブルーズ(チェルシーの愛称)の指揮官が、自軍のサポーターたちに怒りをぶちまけた。

     現地時間8月14日にイスタンブールで行なわれたUEFAスーパーカップで、チェルシーは、2-2で突入したPK戦(4-5)の末にリバプールに敗戦した。その悔しい結果に直接的に結びついてしまったのが、5人目のキッカーを務めた21歳のタミー・エイブラハムのミスショットだった。

     試合後、SNSやインターネット上にはエイブラハムに対する非難が殺到。チェルシーの公式ツイッターなどに、自軍のファンからも罵詈雑言が浴びせられ、一部の過激なサポーターからは人種差別的なコメントも相次いだ。

     そうしたファンの行き過ぎた言動に怒りをぶつけたのは、他でもないチェルシーの指揮官フランク・ランパードだった。現地時間8月16日の記者会見で、クラブのレジェンドでもある男は、「全くもってくだらない」と怒りを爆発させた。

    「いわゆる自称チェルシー・サポーターという人間の行為には、嫌悪感しかない。本当にウンザリしている。あの夜、世界中が見つめた試合で、タミーは自ら5人目のキッカーを名乗り出て、勇敢に戦った。にもかかわらず、キーボードやスマホを叩いているだけの人間にくだらない事ばかり言われている。信じられないよ」

     ランパードの怒りは収まらない。

    「私は、そうした発言がどのように許可され、発信されているのかは分からない。ただ、あまりにも簡単に発せられているように思う。こうした行為は見過ごせないし、考え方を改めるべきだ。タミーに代わって遺憾の意を表明する。クラブとしても許せない。あらゆる場面で差別行為に反対してきた。こうした行為が起こると、全てが台無しになる!」

     批判を浴びている俊英については、「若いが、実力は十分だ。クラブにとって偉大なストライカーになる。時代は来るはずだよ」と大きな期待を寄せたランパード。はたして、クラブ生え抜きのFWは、一部サポーターたちからの心ない非難に立ち向かい、指揮官の期待に応えられるか。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190817-00062945-sdigestw-socc

    20190817-00062945-sdigestw-000-view

    「タミーは5人目のキッカーを自ら名乗り出た。勇敢に戦ったんだ。なのにキーボードやスマホを叩いているだけの人間に
    くだらない事ばかり言われている」

    お前らwwwww

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/12(月) 17:55:38.10 ID:KmmjKqkh9
    スカイスポーツの解説者に就任したジョゼ・モウリーニョ氏(56)が、自分がマンチェスター・シティーのBチームでも指揮を執ったらマンチェスター・ユナイテッドを抑え、プレミアリーグ優勝を果たすと公言した。11日付の英紙サン電子版が報じた。

    【写真】モウリーニョ氏、広州恒大の巨額オファー拒否?

    チェルシーとマンチェスターUで監督を務めたモウリーニョ氏は、今季はマンチェスターCとリバプールに加えてトットナムも優勝争いチームになることを予想した。番組が始まって、昨季途中まで指揮を執っていたマンチェスターUに対する皮肉を口にするまでに5分しかかからなかった。

    優勝候補チームを聞かれた同氏は「マンチェスターC、トットナム、リバプールとマンチェスターCのBチームだ」と回答。「マンチェスターCの先発に選ばれなかった選手のBチームでもプレミアリーグを優勝できるよ」と圧倒的な戦力を誇るマンチェスターCが優勝候補筆頭だと主張した。

    また、アーセナル、チェルシーとマンチェスターUに関しては「サッカーでは予想しない出来事が起こることがある」と多くを語らず。優勝候補ではないものの、可能性はあると話した。

    (A・アウグスティニャク通信員)

    8/12(月) 17:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-08120438-nksports-socc

    写真
    no title

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/12(月) 11:46:21.70 ID:+KWWGs/50
    614 名無しに人種はない@実況OK (スプッッ Sd89-cNCU [110.163.217.226])[sage] 2019/08/11(日) 22:19:54.65 ID:ra+52bBZd
    アナルよええw

    618 名無しに人種はない@実況OK (ワッチョイ a39e-fUlL [115.30.206.90])[sage] 2019/08/11(日) 22:47:15.59 ID:lTPKbFnB0
    アーセナル弱いな

    619 名無しに人種はない@実況OK (ワッチョイ ab2f-k/2k [153.188.36.78])[sage] 2019/08/11(日) 22:47:39.63 ID:UOB5RBvV0
    アナルより下にはならないな
    こいつらボトムテンが妥当だわ

    この記事の続きを読む

    コメント( 0 )
    1: 名無しのサッカー小僧 2019/08/12(月) 02:24:37.36 ID:ZDcLc7mv0
     プレミアリーグ第1節が11日に行われ、マンチェスター・Uとチェルシーが対戦した。

     開幕節最後にして最大の一戦は、序盤からお互いに一歩も譲らない展開に。4分にタミー・エイブラハムが反転からの素早いモーションで放ったシュートがポストに阻まれると、7分にはチェルシーDFのエリア内での連携ミスからマンチェスター・Uにボールが渡ったが、アントニー・マルシャルのグラウンダーシュートはGKにキャッチされた。

     すると17分、マンチェスター・Uは中盤でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、最後はマーカス・ラッシュフォードがエリア内でクル・ズマに倒されてペナルティーキックを獲得。ラッシュフォード自らがゴール左上に突き刺して、ホームのマンチェスター・Uが先制に成功した。

     先制を許したチェルシーは前半終了前、立て続けに決定機を迎える。39分、敵陣ゴールエリア付近までボールを運んだロス・バークリーのシュートがダビド・デ・ヘアに足でセーブされると、40分のエメルソンのシュートはニアサイドのポストを直撃してゴールラインを割って追いつくことはできなかった。

     65分、マンチェスター・Uに追加点が生まれる。右サイドで相手DFをはがしたアンドレアス・ペレイラがDFラインとGKの間に高速のクロスを供給すると、最後はマルシャルが押し込んだ。その直後の67分にもマンチェスター・Uにゴールが生まれる。ポール・ポグバからピンポイントのロングパスを受け取ったラッシュフォードが、ケパ・アリサバラガとの1対1を制して2点目をマークした。

     さらに81分、マンチェスター・Uはまたしても追加点を獲得する。ポグバがファイナルサードまでボールを運んで、途中出場のダニエル・ジェームズにパス。ジェームズのシュートは相手DFに当たってコースが変わり、ネットに吸い込まれた。

     試合はこのまま終了し、開幕節の“ビッグ6”対決はマンチェスター・Uに軍配が上がった。次節、マンチェスター・Uはアウェイでウルヴァーハンプトン・ワンダラーズと、チェルシーはホームでレスターとそれぞれ対戦する。

    【スコア】
    マンチェスター・U 4-0 チェルシー

    【得点者】
    1-0 18分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
    2-0 65分 アントニー・マルシャル(マンチェスター・U)
    3-0 67分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
    4-0 81分 ダニエル・ジェームズ(マンチェスター・U)

    【スターティングメンバー】
    マンチェスター・U(4-2-3-1)
    デ・ヘア;ワン・ビッサカ、リンデレフ、マグワイア 、L・ショー;マクトミネイ、ポグバ;A・ペレイラ(74分 ジェームズ)、リンガード(86分 マタ)、マルシャル;ラッシュフォード(86分 グリーンウッド)

    チェルシー(4-2-3-1)
    ケパ;アスピリクエタ、クリステンセン、ズマ、エメルソン;ジョルジーニョ(73分 ジョルジーニョ)、コヴァチッチ;ペドロ、マウント、バークリー(58分 プリシッチ);エイブラハム(66分 ジルー)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00967205-soccerk-socc

    20190812-00967205-soccerk-000-view

    強い

    この記事の続きを読む

    このページのトップヘ